ロゴ色彩調整済み

About Me

自分の写真
神奈川, Japan
いつまでもこの海と暮らしていくために。ディスカバーブルーは海や海の生物、生態系、環境を一人でも多くの人にお伝えしていくために、「人」と「海」とのかけ橋になろうとしています。

2018年10月22日月曜日

海のミュージアム「ひもの作り体験&プランクトン観察」(2018年10月22日)

2018年10月20日(土)は、海のミュージアム「ひもの作り体験&プランクトン観察」を行いました。

真鶴魚市場に集合し、真鶴港に水揚げされたお魚を使い、真鶴町漁協の朝倉さんにご指導いただき、ひものづくりを体験しました。
今回のお魚はカマスでした。カマスは今の時期が旬で、塩焼きやフライにしてもとても美味しいお魚です。

はじめに、朝倉さんからお手本を見せてもらい、そのあとみなさんでチャレンジしました。ひもののさばき方は、魚種によって異なりますが、カマスは背中側を開く「背開き」です。身を開いてから、内臓を取り出します。

鰓や心臓、胃や腸など、魚の体のしくみも観察することができました。胃内容物を調べて、生物がどんな餌をとっているのかを観察するのも生物の生態を研究する方法のひとつですが、今回のカマスの胃の中には、7~8cmのイワシと思われる小魚が入っていました。

ひもの作り、魚の開き方講習。みなさん、真剣!
真鶴町漁協朝倉さん、ご指導ありがとうございました。

みなさん、なかなかの腕前で、順調にカマスの背開きが出来上がっていました。
小学生のお子さんも、お母さんと一緒に包丁を手にして一生懸命チャレンジしていました。朝倉さんからも「今日はレベルが高いです!」と、お褒めのコメントをいただくほどでした。

開いたカマスは、血合いなどを綺麗にあらい、食塩水に浸してから干し網に並べました。網に並んだカマスは、もう立派な「ひもの」らしく見えました。ここからは、お天気も良かったので、天日干しで乾かしました。

開いた魚を網に干します。上手にできました。

おいしいひものが出来上がるのを楽しみに待ちながら、真鶴港でプランクトンを採集し、午後は顕微鏡で観察しました。
プランクトンをつかまえます。
プランクトンは、海の生物の生態系の起点となる生物です。地上では草木が光合成をして栄養をつくりますが、海では植物プランクトンがその役割を果たします。さらに、動物プランクトンがそれを食べ、シラスなどの小魚が動物プランクトンを食べます。先ほど、胃の内容物からカマスはイワシなどを食べていることがわかりましたが、イワシの餌となるのは小魚なので、カマスも食物連鎖でプランクトンとつながっているのです。


顕微鏡でのプランクトン観察。

植物プランクトン珪藻類や動物プランクトンが見られました。
中央に上から伸びているのは、刺胞動物。

プランクトンを観察している間に、ひものができあがりました。
真鶴町漁協のご協力で、きちんと包装までしていただき、まるでお店で売っているかのようなできあがりに、みなさんもうれしそうでした。

お持ち帰りいただいたひものは、味わっていただけたでしょうか。

真鶴のおいしいお魚を使って自分で作ったひものは、特別においしいのではないかと思います。また、魚とプランクトンのつながりも知っていただき、海の生態系やその恵みも実感していただけたのではないかと思います。

※今回のイベントは、船の科学館「海の学びミュージアムサポート」の協力により、真鶴町立遠藤貝類博物館主催、特定非営利活動法人ディスカバーブルーが企画・実施しました。

2018年10月9日火曜日

真鶴自然こどもクラブ「ミニ水族館をつくろう!」 2018年10月6日(土)

2018年10月6日(土)は「真鶴自然子どもクラブ『ミニ水族館をつくろう!』」を開催しました。

今回は、三ツ石海岸で生物を集めて水槽に展示し、みんなで力を合わせて水族館を作るプログラムです。参加してくれた子どもたちの家族や、三ツ石海岸に観光に遊びにきた方に水族館を見てもらって、子どもたちから生物を紹介してもらいました。


生物の探し方や安全に活動するためのお話をしてから、生物を探しにいきました。
今回はカニやナマコのほか、水族館ということで、魚を狙っている子も多かったです。

網を使って追いかけるのはもちろん、ペットボトルで作ったしかけに町内の釣具屋さんおすすめのイソメ(ゴカイ)を入れて仕掛けもしました。

見つけた生物をもって上がってきて、どんな生物がいるかみんなで観察しました。
台風が近づいていたこともあって、波がやや立っていたので魚をつかまえるのは難しかったようですが、クモハゼやアゴハゼなどのほか、スズメダイの仲間の幼魚などをゲットしている子もいました。スズメダイなど南方系の魚は、季節来遊魚といって、夏の終わりの水温が高い時期に、相模湾でも見つけることができます。この時期限定のお楽しみです。
お友達が見つけた生物も観察。たくさん見つかりました。

お昼を食べて元気満タンになった午後は、水槽づくりにチャレンジです。
ここからは班ごとのチームプレーが光ります。
「石入れる??」「持ってきたよ!」
「石は右?左?二つ入れる??」などと話し合いが聞こえてきました。
石のほかにも海藻や木の枝など、生物がよく見えるように考えたり、隠れる場所を作って住みやすいように工夫したり、水槽づくりは奥が深いのです。みんなで相談して頑張っていました。
水槽作り。みんな真剣に相談しています。 
オープンに向けて準備中。

そしてとうとう「ミニ水族館」がオープンしました。
ミニ水族館オープン!

参加してくれた子どもどうしで水槽を見回っておすすめ生物を紹介しあったり、オープン時刻に合わせて、お父さんお母さんや兄弟が見にきてくれたり、ミニ水族館の会場は盛り上がっていました。
また、三ツ石海岸に観光で来られたお客さんや散歩を楽しむ地域の方も立ち寄ってくださり、子どもたちに声をかけていただきました。緊張もしているようでしたが、がんばって解説して喜んでいただいたり、「すごいね」と褒めていただいたりすると嬉しそうにしていました。
他の班の水槽もすてき!

水槽にはタイトルやおすすめポイントを掲示してもらいました。

水槽のタイトルがどれもすてきでした。

真鶴自然子どもクラブは、昨年までは真鶴町内の子どもたちを対象にしていましたが、地域の海で遊んで学ぶということで、今年度からはお隣の湯河原町の子どもたちにも参加してもらいました。はじめの挨拶のときは、緊張している様子もありましたが、海での遊びを通して、同じ地域の海の子どもたちの交流の場にもなったようです。スタッフからのレクチャーには海はつながっていて、利用するためにも守っていくためも協力しあうことの大切さもお話しました。

次回は、横浜国立大学のご協力により実習船体験乗船を行う予定です。

※今回のイベントは、船の科学館「海の学びミュージアムサポート」の協力により、真鶴町立遠藤貝類博物館主催、ディスカバーブルー企画・実施で開催しました。

2018年9月28日金曜日

海の授業〜地域の海の自然を知る授業〜(東台福浦小)2018年9月27日(水)

2018年9月27日(水)は、東台福浦小学校のみなさんに「海の授業」を行いました。
今回は、全校のみなさん向けに地域の海の自然のすばらしさや生き物の大切さをお話しました。1年生~3年生の低学年みなさんと、4年生~6年生の高学年のみなさんとに分けて、内容も少し変えてお話しました。


1年生~3年生のみなさんは、とても元気いっぱいで、スライドに生物の写真が映るたびに「わー!」「しってるー!」などの声が聞こえてきました。
湯河原町には砂浜の吉浜海岸がありますが、質問してみると、夏休みなどに湯河原の海にいったことがある子はとても少ないようでした。
授業では、湯河原の海に暮らす生物を紹介したり、スキューバダイビングで撮影した水中の映像も見てもらいました。湯河原の海にもたくさんの生物が暮らして、海の中もとても楽しいことをお話すると、みんな驚いたり喜んだりしながら最後まで集中して聞いてくれました。今度は一緒に海へでかけて、ぜひみなさんの暮らす町の海の魅力を体験してほしいと思いました。
1〜3年生。元気いっぱいでした。

4年生~6年生では、湯河原地域の海の自然や生物の紹介に加え、海の仕事や研究、環境問題などについても詳しくお話ししました。
特に、福浦の海は、海洋生物の研究において大変誇らしいことがあります。
明治の初めに、イギリスの調査船が日本へやってきて、相模湾の調査を行いました。その調査ではたくさんの新種も発見され、標本の採集地とともに由緒ある学術書に記載されました。その中に「Fukuura」も記載されています。ウミシダの一種が、世界で初めて福浦の沖合で発見されたことを記しています。

海水浴もできて、漁業も盛んな福浦の海ですが、研究者にとっても大変価値があるすばらしい海といえます。
4〜6年生は真剣。興味をもって質問もたくさんしてくれました。

そして最後に、海には、湯河原町の西側にそびえている山もとても重要であることをお話ししました。海と山は、つがっています。植物が元気でたくさんの生物が暮らす豊かな山だと、その近くの海も豊かになります。地域の自然のすばらしさを知って、もっともっと興味をもってもらえるといいなと思います。

2018年9月10日月曜日

海のミュージアム「磯の生物観察会」「海の自然実感教室」 2018年9月9日(日)

2018年9月9日(日)は海のミュージアム「磯の生物観察会」と「海の自然実感教室」を開催しました。

夏休みも終わり、9月に入ってぐっと秋の気配を感じるようになりましたが、三ツ石海岸では磯遊びがまだまだ楽しめます。
日差しが弱まって来たので、真夏よりも熱中症などの心配が少なく遊べるのもよいところです。


 また、夏の終わりからの楽しみは何と言っても、「季節来遊魚」。「死滅回遊魚」と言ったりもします。海水温は今頃から11月初めまでが一年でもっとも高くなる時期ですが、黒潮に乗って南から流れてきた熱帯に生息する魚の幼魚が、相模湾でも見られるようになります。
今回はそれを見ようと、魚にくわしい常連さんもご参加いただいていたので、磯で見つかる魚もたくさんの種類をみなさんと観察することができました。ありがとうございました。

また、ナマコたちも多くなります。特にニセクロナマコは30cmほどの個体があちらこちらで見つかるので、「もー、ナマコはいらない!」という声も子どもたちから上がってしまうほどでした。
学芸員がナマコについて解説。たくさんの種類が見つかりました。


台風の影響で磯も高波などで激しく影響を受けていたので、台風の直後は、通常見られる磯の生物が少なくなってしまっていたのですが、すっかり戻ってきたようです。
ミヤコウミウシも久しぶりにきれいな姿を見せてくれました。
ミヤコウミウシ


 午後は、室内で「海の自然実感教室」を開催しました。
前半は、真鶴の海の生物の乾燥標本を観察しながら、生物のお話をしました。アオザメの葉の標本も真鶴産で、地元の漁師さんからスタッフの渡部が譲っていただいたものです。三ツ石沖に古くから言い伝えられる「ぼんぼんざめ」などの伝承も交えて紹介しました。


後半は、プランクトンの観察を顕微鏡で行いました。
当日の朝、真鶴港で採集したものをみなさんに顕微鏡で観察していただきました。

プランクトンは、採集する場所、時間によって見られる種類がいつも変わるのもおもしろいところです。今回は、小さなクラゲがたくさんいました。水族館などで見るクラゲはとても大きいのですが、実は顕微鏡で見るようなちいさなクラゲもたくさんいます。こんなに小さくても、傘の部分をパクパクして大きなクラゲと同じように動く様子がとてもかわらしいです

クラゲ


磯の生物観察会も、今シーズンは残すところ2回となりました。ぜひ、遊びにいらしてください。

※今回のイベントは、真鶴町立遠藤貝類博物館と特定非営利活動法人ディスカバーブルーの主催で実施しました。

2018年8月21日火曜日

真鶴町内児童向け「夜のプランクトン観察会」 2018年8月20日(月)

2018年8月20日(月)の夜は、真鶴町内の小学生を対象に「夜のプランクトン観察会」を行いました。

夏休みの夜に、町内の子どもたちが集まるというだけでもドキドキして楽しいものですが、今回は、真鶴港にてプランクトンをつかまえて顕微鏡で観察してもらいました。
集合してお話を聞きます。

プランクトンは日中もプランクトンネットを使って、港の岸壁などから採集できますが、日没後は、水面近くまで動物プランクトンが上昇してくるので、同じように採集しても日中よりも多様な種類の動物プランクトンの観察をすることができます。
海が遠い地域ではなかなか難しいかもしれませんが、夜に近所のこどもたちが集まってプランクトンの観察ができるのは、海辺の町の真鶴ならではの楽しみです。
夜の真鶴港もとてもきれいです。

プランクトンは一人ずつつかまえてもらいました。持ってきたペットボトルに採集し、自分でつかまえたMyプランクトンとして、顕微鏡で観察しました。
Myプランクトンゲット!たくさんいるみたい!!

 夏休みの夜のイベントを楽しんでもらい、最後は少し海や生物のことをお話ししてまとめにしました。お母さんと参加して、「今日のことを宿題にしようかな!」と相談している子もいました。自由研究などにもぴったりだと思います。
最後は海や生物について少しお勉強しました。
※今回のイベントは、真鶴町立遠藤貝類博物館「海の学校」事業の一環として、特定非営利活動法人ディスカバーブルーが委託を受けて実施しました。

2018年8月16日木曜日

海のミュージアム「磯の生物観察会」 2018年8月15日(水)


 2018年8月15日(水)は海のミュージアム「磯の生物観察会」を開催しました。

通常、「海のミュージアム」では、午前に三ツ石海岸での「磯の生物観察会」、午後に室内で「海の自然実感教室」を開催していますが、今回は午後の干潮時刻に合わせて「磯の生物観察会」をお昼ごろから開催しました。

「磯の生物観察会」は、博物館集合後、まずは室内で簡単に事前レクチャーを行っています。ここで、三ツ石海岸をはじめとした真鶴周辺の海についてや、生き物の見つけ方、活動を安全に行うための注意事項をお話ししています。

その後、三ツ石海岸へ移動して生き物を探してつかまえます。グループごとなどで、ある程度の範囲内でみなさんにご自由に活動していただき、バケツやプラスチックケースを持って、生き物を見つけたらその中へ集めていっていただきます。


 1時間ちょっとさがしていただいくと、さまざまな生物が見つかりました。

今年は台風が多く、海は高波・高潮、うねりなど大荒れの日が多くありました。海岸の植物も波をかぶって一面の緑に覆われていたところが、まったくなくなってしまっていますが、海岸の生き物たちも大きな影響を受けています。例年のこの季節に見られるような種類が少ないのですが、普段は見られないような種類が磯の生物観察でも見つかりました。

最後は学芸員や専門スタッフから生態などを解説。

 クロピンノは、寄生性のカニです。三ツ石海岸の岩にたくさんくっついているケガキを宿主としてその中に棲み、自分では餌をとることはしません。貝のなかから出てくることは滅多にないといわれているので、台風の激しい波でケガキが岩から取れるなどして出てきてしまったのかもしれません。
クロピンノ。ハサミなどは不要となって退化している。

さまざまな影響を受けて変化する自然はいつも同じということがなく、何度観察しても発見があるのが自然観察や体験活動の醍醐味のひとつです。

※今回のイベントは、真鶴町立遠藤貝類博物館と特定非営利活動法人ディスカバーブルーの主催で実施しました。

海のミュージアム「夜のプランクトン観察会」 2018年8月15日(水)

2018年8月15日(水)の夜は、真鶴町岩漁港にて、海のミュージアム「夜のプランクトン観察会」を開催しました。

夏の夜といえば、何を思い浮かべますか?花火、お祭り、灯籠流し・・・などなど。
実は、プランクトンの観察も楽しいものですよ!
動物プランクトンの多くは、日中は深い水深にいるのですが、日没後に餌となる植物プランクトンが表層付近にいるのをねらって上がってきます。そうすると、港の岸壁などから、プランクトンネットを手投げして採集しただけでも、日中よりも多くの動物プランクトンを観察することができるからです。

今回は夜の少し遅めの時間帯の開催にもかかわらず、お盆休みで真鶴町に観光で宿泊されていた方や、帰省されていたご家族などで多くのみなさまにご参加いただきました。
漁港に集合してプランクトンを採集しましたが、夜の港に行く機会はなかなかないので、それだけでお子様もわくわくしているようでした。


プランクトンネットでお一人ずつプランクトンを採集していただき、会場に持ち帰りました。

夜のプランクトン観察会のもう一つのお楽しみは「ヤコウチュウ」です。ぶつかるなどの衝撃で反応して青白く発光する様子を、みなさんがつかまえたプランクトンの容器の中で観察しました。今回は、ヤコウチュウの数が少なかったのですが、会場を暗くするとそれでもチラチラと光る様子が見えて、暗闇からみなさんの歓声が上がっていました。

プランクトンを投影機でスクリーンに投影すると、プランクトンが影となって動く様子も見ることができます。種類によって動きに特徴があるので、顕微鏡でなくてもある程度の種類がわかってきます。

その後、顕微鏡で観察していただきました。動物プランクトンは、よく運動するので見ていてとてもおもしろい生物です。ぴょんぴょん動くカイアシ類、繊毛ですべるように動く巻貝の幼生、頭がおおきくエビのように尾で跳ねるのはカニのゾエア幼生。バラエティに富んだ種類が観察でき楽しんでいただけました。

その後、顕微鏡で観察していただきました。動物プランクトンは、よく運動するので見ていてとてもおもしろい生物です。ぴょんぴょん動くカイアシ類、繊毛ですべるように動く巻貝の幼生、頭がおおきくエビのように尾で跳ねるのはカニのゾエア幼生。バラエティに富んだ種類が観察でき楽しんでいただけました。





夏の夜の海辺の新しい楽しみとして、夜のプランクトン、おすすめです!

※今回のイベントは、船の科学館「海の学びミュージアムサポート」の協力により真鶴町立遠藤貝類博物館が主催し、特定非営利活動法人ディスカバーブルーが企画・実施しました。
Powered by Blogger.

ⓒ Copyright 2010 Discover Blue. ALL rights reserved.