ロゴ色彩調整済み

About Me

自分の写真
神奈川, Japan
いつまでもこの海と暮らしていくために。ディスカバーブルーは海や海の生物、生態系、環境を一人でも多くの人にお伝えしていくために、「人」と「海」とのかけ橋になろうとしています。

2018年9月10日月曜日

海のミュージアム「磯の生物観察会」「海の自然実感教室」 2018年9月9日(日)

2018年9月9日(日)は海のミュージアム「磯の生物観察会」と「海の自然実感教室」を開催しました。

夏休みも終わり、9月に入ってぐっと秋の気配を感じるようになりましたが、三ツ石海岸では磯遊びがまだまだ楽しめます。
日差しが弱まって来たので、真夏よりも熱中症などの心配が少なく遊べるのもよいところです。


 また、夏の終わりからの楽しみは何と言っても、「季節来遊魚」。「死滅回遊魚」と言ったりもします。海水温は今頃から11月初めまでが一年でもっとも高くなる時期ですが、黒潮に乗って南から流れてきた熱帯に生息する魚の幼魚が、相模湾でも見られるようになります。
今回はそれを見ようと、魚にくわしい常連さんもご参加いただいていたので、磯で見つかる魚もたくさんの種類をみなさんと観察することができました。ありがとうございました。

また、ナマコたちも多くなります。特にニセクロナマコは30cmほどの個体があちらこちらで見つかるので、「もー、ナマコはいらない!」という声も子どもたちから上がってしまうほどでした。
学芸員がナマコについて解説。たくさんの種類が見つかりました。


台風の影響で磯も高波などで激しく影響を受けていたので、台風の直後は、通常見られる磯の生物が少なくなってしまっていたのですが、すっかり戻ってきたようです。
ミヤコウミウシも久しぶりにきれいな姿を見せてくれました。
ミヤコウミウシ


 午後は、室内で「海の自然実感教室」を開催しました。
前半は、真鶴の海の生物の乾燥標本を観察しながら、生物のお話をしました。アオザメの葉の標本も真鶴産で、地元の漁師さんからスタッフの渡部が譲っていただいたものです。三ツ石沖に古くから言い伝えられる「ぼんぼんざめ」などの伝承も交えて紹介しました。


後半は、プランクトンの観察を顕微鏡で行いました。
当日の朝、真鶴港で採集したものをみなさんに顕微鏡で観察していただきました。

プランクトンは、採集する場所、時間によって見られる種類がいつも変わるのもおもしろいところです。今回は、小さなクラゲがたくさんいました。水族館などで見るクラゲはとても大きいのですが、実は顕微鏡で見るようなちいさなクラゲもたくさんいます。こんなに小さくても、傘の部分をパクパクして大きなクラゲと同じように動く様子がとてもかわらしいです

クラゲ


磯の生物観察会も、今シーズンは残すところ2回となりました。ぜひ、遊びにいらしてください。

※今回のイベントは、真鶴町立遠藤貝類博物館と特定非営利活動法人ディスカバーブルーの主催で実施しました。

2018年8月21日火曜日

真鶴町内児童向け「夜のプランクトン観察会」 2018年8月20日(月)

2018年8月20日(月)の夜は、真鶴町内の小学生を対象に「夜のプランクトン観察会」を行いました。

夏休みの夜に、町内の子どもたちが集まるというだけでもドキドキして楽しいものですが、今回は、真鶴港にてプランクトンをつかまえて顕微鏡で観察してもらいました。
集合してお話を聞きます。

プランクトンは日中もプランクトンネットを使って、港の岸壁などから採集できますが、日没後は、水面近くまで動物プランクトンが上昇してくるので、同じように採集しても日中よりも多様な種類の動物プランクトンの観察をすることができます。
海が遠い地域ではなかなか難しいかもしれませんが、夜に近所のこどもたちが集まってプランクトンの観察ができるのは、海辺の町の真鶴ならではの楽しみです。
夜の真鶴港もとてもきれいです。

プランクトンは一人ずつつかまえてもらいました。持ってきたペットボトルに採集し、自分でつかまえたMyプランクトンとして、顕微鏡で観察しました。
Myプランクトンゲット!たくさんいるみたい!!

 夏休みの夜のイベントを楽しんでもらい、最後は少し海や生物のことをお話ししてまとめにしました。お母さんと参加して、「今日のことを宿題にしようかな!」と相談している子もいました。自由研究などにもぴったりだと思います。
最後は海や生物について少しお勉強しました。
※今回のイベントは、真鶴町立遠藤貝類博物館「海の学校」事業の一環として、特定非営利活動法人ディスカバーブルーが委託を受けて実施しました。

2018年8月16日木曜日

海のミュージアム「磯の生物観察会」 2018年8月15日(水)


 2018年8月15日(水)は海のミュージアム「磯の生物観察会」を開催しました。

通常、「海のミュージアム」では、午前に三ツ石海岸での「磯の生物観察会」、午後に室内で「海の自然実感教室」を開催していますが、今回は午後の干潮時刻に合わせて「磯の生物観察会」をお昼ごろから開催しました。

「磯の生物観察会」は、博物館集合後、まずは室内で簡単に事前レクチャーを行っています。ここで、三ツ石海岸をはじめとした真鶴周辺の海についてや、生き物の見つけ方、活動を安全に行うための注意事項をお話ししています。

その後、三ツ石海岸へ移動して生き物を探してつかまえます。グループごとなどで、ある程度の範囲内でみなさんにご自由に活動していただき、バケツやプラスチックケースを持って、生き物を見つけたらその中へ集めていっていただきます。


 1時間ちょっとさがしていただいくと、さまざまな生物が見つかりました。

今年は台風が多く、海は高波・高潮、うねりなど大荒れの日が多くありました。海岸の植物も波をかぶって一面の緑に覆われていたところが、まったくなくなってしまっていますが、海岸の生き物たちも大きな影響を受けています。例年のこの季節に見られるような種類が少ないのですが、普段は見られないような種類が磯の生物観察でも見つかりました。

最後は学芸員や専門スタッフから生態などを解説。

 クロピンノは、寄生性のカニです。三ツ石海岸の岩にたくさんくっついているケガキを宿主としてその中に棲み、自分では餌をとることはしません。貝のなかから出てくることは滅多にないといわれているので、台風の激しい波でケガキが岩から取れるなどして出てきてしまったのかもしれません。
クロピンノ。ハサミなどは不要となって退化している。

さまざまな影響を受けて変化する自然はいつも同じということがなく、何度観察しても発見があるのが自然観察や体験活動の醍醐味のひとつです。

※今回のイベントは、真鶴町立遠藤貝類博物館と特定非営利活動法人ディスカバーブルーの主催で実施しました。

海のミュージアム「夜のプランクトン観察会」 2018年8月15日(水)

2018年8月15日(水)の夜は、真鶴町岩漁港にて、海のミュージアム「夜のプランクトン観察会」を開催しました。

夏の夜といえば、何を思い浮かべますか?花火、お祭り、灯籠流し・・・などなど。
実は、プランクトンの観察も楽しいものですよ!
動物プランクトンの多くは、日中は深い水深にいるのですが、日没後に餌となる植物プランクトンが表層付近にいるのをねらって上がってきます。そうすると、港の岸壁などから、プランクトンネットを手投げして採集しただけでも、日中よりも多くの動物プランクトンを観察することができるからです。

今回は夜の少し遅めの時間帯の開催にもかかわらず、お盆休みで真鶴町に観光で宿泊されていた方や、帰省されていたご家族などで多くのみなさまにご参加いただきました。
漁港に集合してプランクトンを採集しましたが、夜の港に行く機会はなかなかないので、それだけでお子様もわくわくしているようでした。


プランクトンネットでお一人ずつプランクトンを採集していただき、会場に持ち帰りました。

夜のプランクトン観察会のもう一つのお楽しみは「ヤコウチュウ」です。ぶつかるなどの衝撃で反応して青白く発光する様子を、みなさんがつかまえたプランクトンの容器の中で観察しました。今回は、ヤコウチュウの数が少なかったのですが、会場を暗くするとそれでもチラチラと光る様子が見えて、暗闇からみなさんの歓声が上がっていました。

プランクトンを投影機でスクリーンに投影すると、プランクトンが影となって動く様子も見ることができます。種類によって動きに特徴があるので、顕微鏡でなくてもある程度の種類がわかってきます。

その後、顕微鏡で観察していただきました。動物プランクトンは、よく運動するので見ていてとてもおもしろい生物です。ぴょんぴょん動くカイアシ類、繊毛ですべるように動く巻貝の幼生、頭がおおきくエビのように尾で跳ねるのはカニのゾエア幼生。バラエティに富んだ種類が観察でき楽しんでいただけました。

その後、顕微鏡で観察していただきました。動物プランクトンは、よく運動するので見ていてとてもおもしろい生物です。ぴょんぴょん動くカイアシ類、繊毛ですべるように動く巻貝の幼生、頭がおおきくエビのように尾で跳ねるのはカニのゾエア幼生。バラエティに富んだ種類が観察でき楽しんでいただけました。




夏の夜の海辺の新しい楽しみとして、夜のプランクトン、おすすめです!

※今回のイベントは、船の科学館「海の学びミュージアムサポート」の協力により真鶴町立遠藤貝類博物館が主催し、特定非営利活動法人ディスカバーブルーが企画・実施しました。

2018年8月15日水曜日

真鶴の海の生物観察コーナー 2018年8月14日(火)


2018年8月14日(火)は、真鶴町立遠藤貝類博物館テラスにて「真鶴の海の生物観察コーナー」を開催しました。

三ツ石海岸や博物館を訪れた方々に、真鶴の海の自然や生物たちをご紹介するための展示コーナーで、ご予約不要、入場無料でご自由にお楽しみいただける企画です。スタッフも常駐していますので、解説や質問などお声おかけいただいています。
展示は主に、貝やカニ、ナマコ、ヒトデなどの磯の生物と、プランクトンの顕微鏡観察、その他、生物の乾燥標本などを用意しました。

磯の生物は、事前にスタッフが真鶴町内の海岸にて採集してきたものを見ていただきました。触っても安全な種類については、やさしく触れて観察してもらいました。
もちろん、人気はナマコのなかま。種類によってやわらかさがちがうので、比べてみると面白いと重ます。

何が展示されるかは、スタッフが採集してみないとわからないので、当日までのお楽しみです。カニやウニ、貝など、よく見られる種類の他に、毎回、当日のスペシャルな生物が登場していますが、今回はクモヒトデのなかまがたくさん見つかりました。
クモヒトデのなかま

 また、昨日の台風により、海岸には海からさまざまな漂着物が流れ着いていて、イソバナもたくさん打ちあがっていたので拾ってきてみました。実体顕微鏡で見てみると、赤いイソバナに擬態して小さな生物がついていて、ゆっくりゆっくり動いていました。ワレカラという節足動物ですが、知るひとぞ知る生物でなかなかマニアックです。でも、来場されたみなさんには、こんな見慣れない生物との出会いも喜んでいただけたようでした。
ワレカラのなかま

「真鶴の海の生物観察コーナー」は、博物館や真鶴町内のイベントなどで開催していきます。次回は、9月23日(日)に真鶴町立遠藤貝類博物館のテラスで開催予定です。

※今回のイベントは、真鶴町立遠藤貝類博物館と特定非営利活動法人ディスカバーブルーの主催で実施しました。

2018年8月14日火曜日

海のミュージアム「磯の生物観察会」「海の自然実感教室」 2018年8月13日(月)

2018年8月13日(月)は「海のミュージアム」を開催しました。

午前中は、三ツ石海岸で「磯の生物観察会」を行いました。
お盆休みで、今回もたくさんのみなさまにご参加いただきました。
当日は真夏の青空が広がりましたが、今年は連日の猛暑により熱中症などの心配もありますので、スタッフ側も対策を備えています。一番効果的なのは、足元を濡れても良い履物を用意して、潮だまりなど海に入るとよいようです。
三ツ石海岸で生物を探しました。どこにいるかな!

つかまえた生物は海岸に上がって観察。

生物をさわってみよう。ドキドキしますね。

貝、カニ、ナマコにヒトデ。赤いイソバナはサンゴのなかま。
たくさんの種類が見つかりました。

そして今年の夏は、台風も勢力の強いものが従来とは異なったコースでやってくるので、影響が予測できず、被害が大きくなってしまっています。
三ツ石海岸では、海岸一面に生い茂っていた海岸植物のハマゴウやハマカンゾウなどが大波を被って枯れてしまいました。
海の生物にも影響があるようで、例年この時期に見られる種類はやや少なくなっています。これは猛暑のため、磯や潮だまりも大幅に温度が上がっていることも影響しているかもしれません。代わって、普段は磯では見られない生物が観察できました。もっと深い水深に暮らすものや沖合にいる種類が、台風の大波で磯にやってきています。

今回もアナゴのレプトケファルス幼生が潮だまりで発見されていました。スタッフもはじめて見たのでびっくりしました。台風の威力を改めて実感しました。
アナゴのレプトケファルス幼生。珍しい!

学芸員やスタッフから生物解説も行いました。

午後は、室内で「海の自然実感教室」を行いました。
生物の乾燥標本を観察しながら生態について解説し、海の生物をご紹介しました。標本は、主に真鶴の海に生息する生物のもので、大型の魚やカニなどは地元の漁師さんから提供いただいたものです。

そのあとは、プランクトンを観察しました。プランクトンも、当日の朝、真鶴港で採集したものです。みなさんお一人ずつ顕微鏡を使っていただいています。午前中の磯も台風の影響で、観察できる生物の種類が普段とちがうものもみられていましたが、プランクトンの種類も大型のカイアシ類など沖合に多いものが多く観察できました。
顕微鏡観察のようす。

上手に顕微鏡を使って観察できました。


海のミュージアムは次回、8/15(水)、 8/25(土)と続きます。ぜひ、遊びにいらしてください。


※今回のイベントは、真鶴町立遠藤貝類博物館と特定非営利活動法人ディスカバーブルーの主催で実施しました。

2018年7月22日日曜日

海洋都市横浜うみ博2018〜見て、触れて、感じる 海と日本PROJECT〜 (プランクトン観察イベント出展) 2018年7月21日(土)

2018年7月21日(土)は、横浜市の大さん橋で開催された「海洋都市横浜うみ博2018~見て、触れて、感じる 海と日本PROJECT~」で、プランクトンの観察イベントを行いました。
海洋都市横浜うみ博は、海の自然や生物のほか、資源や環境、船舶やレジャーなど海に関する総合的なイベントで、楽しみながらさまざまなことを見て触れて学ぶことができます。会場には、海に関わるさまざまな企業や機関がブースを出し、取り組みや最先端の情報や技術などを提示したり、子どもたちが体験できるようにしていました。




ディスカバーブルーは、横浜港のプランクトンを採集して顕微鏡で観察するワークショップを行いました。
海の生物が好きで、プランクトンを見るために来たという方や、来場してたまたま興味をもったからという方まで、親子でお友達で、様々な方がにご参加いただきました。
ワークショップは30分を3回行い、短い時間でしたが、本当に多くの方に横浜港のプランクトンを見ていただき、プランクトンの生態や役割を紹介しました。

当日の横浜港では、植物プランクトンの珪藻類、動物プランクトンは個体数も種類も多く、海洋生態系で重要なカイアシ類をはじめ、貝類やフジツボ、ゴカイの幼生など多様な種類を観察することができました。大都市横浜に接する横浜港にも、小さなプランクトンたちが生き生きと暮らしているということを体験していただけたらうれしいです。
海とアートのワークショップで製作された作品。


2018年7月20日金曜日

海の生き物観察~真鶴海岸で相模湾の豊かさに触れる~ (神奈川シニア自然大学校さま) 2018年7月17日(火

2018年7月17日(火)は、真鶴町で行われた神奈川自然シニア大学校のみなさんの講座「海の生き物観察~真鶴海岸で相模湾の豊かさに触れる~」の指導をさせていただきました。

午前中は海洋生物学の基本的なお話とプランクトンの観察を行い、午後は最干潮に合わせて磯の生物の観察を行う1日コースでした。

プランクトンの観察では、真鶴港で採集したプランクトンを顕微鏡で観察していただきました。一人ずつ顕微鏡を用意し、じっくり観察していただきましたが、小さな生物の形や動きのおもしろさや数の多さに驚かれていました。また、顕微鏡を覗くのが久しぶりで懐かしかったという点でも、喜んでいただけたようでした。

午後は、三ツ石海岸へ移動して生物をつかまえて観察しました。みなさんと一緒にスタッフも生物を探し、見つけた生物をその場で解説しました。生物の名前やどんなものを食べるかなど生態についてお話すると、質問をいただくこともありました。
ナマコやカニなどを触る機会もなかなかないとのことで、海で生物を見たり、つかまえたりするという体験自体もお楽しみいただけたようでした。

普段の生活では出かけることは少ない方も多いということでしたが、今回が海の自然に興味を持つきっかけにしていただけたらうれしいです。

2018年7月18日水曜日

海のミュージアム「磯の生物観察会」 2018年7月16日(月・海の日)

2018年7月16日(月・祝)は海の日!
ディスカバーブルーと真鶴町立遠藤貝類博物館では「海のミュージアム」を開催しました。
夏休み目前の三連休最終日、「海の日」ということもあり、たくさんのみなさまにご参加いただきました。
お天気もよく、海に行きたくなるような青空と夏らしい暑さで、まさに「海日和」で、午前中は「磯の生物観察会」を行いました。
集合後、室内でレクチャーをしてから三ツ石海岸に移動しました。磯遊びは初めてという方から、海の生物が大好きでとても詳しいお子さんも参加されていますが、まずは生物の探し方や注意点などもお話させていただき、磯に出かけました。

採集時間は干潮時刻に合わせて1時間とちょっとです。その間、潮だまりや岩かげなどみなさんで生物をさがしてつかまえていただきます。スタッフも一緒にまわって、生物がいそうなところを紹介したり、つかまえてその場で少し解説したりさせていただきました。
はじめは、生物にさわるのをためらっている子もいつのまにかナマコを撫でていたり、お父さんお母さんも、生物を見つけたりつかまえるコツを習得されていました。
採集時間が終わるころには、みなさんのバケツは生物で賑やかになっていました。



採集後は、生物を観察したり、スタッフから解説や名前や生態の紹介をさせていただいています。
みなさんでさがすと、種類も数もたくさんの生物が見つかります。







その後、生物をさわって観察してもらいながら、写真を撮ったり、気になる生物の動きをじっと観察したり、質問などもスタッフがお答えしたりと自由に観察をしました。
 午後は、「海の自然実感教室」です。室内のプログラムで、前半は生物の体の乾燥標本を見たりさわったりしていただきながら、生態などのお話をします。午前中は、磯で見られる生物ですが、海の自然実感教室では、魚やサメなどの沖合や深いところの生物などもご紹介しました


 その後はプランクトンを観察しました。真鶴港で採取したプランクトンをひとりずつ顕微鏡を使って観察していただきました。
今回は、カイアシ類などの代表的なプランクトンはもちろんのこと、ちいさなクラゲのなかまもたくさんみていただけました。クラゲの多くは、顕微鏡で見る小さなサイズのものがほとんどです。小さくても傘をパクパクと開いたり閉じたりする様子はかわいらしいのでスタッフおすすめです!



※今回のイベントは、真鶴町立遠藤貝類博物館と特定非営利活動法人ディスカバーブルーの主催で実施しました。

Powered by Blogger.

Blog Archive

ⓒ Copyright 2010 Discover Blue. ALL rights reserved.