ロゴ色彩調整済み

About Me

自分の写真
神奈川, Japan
いつまでもこの海と暮らしていくために。ディスカバーブルーは、「人」と「海」とのかけ橋として、海や海の生物、生態系、環境を一人でも多くの人に伝える活動をしています。

2020年8月27日木曜日

夜のプランクトン観察会(真鶴町) 2020年8月21日(水)

 2020年8月17日(月)、21日(金)、22日(土)は、真鶴町の小学生を対象に「夜のプランクトン観察会」を行いました。

町内の港でプランクトンを採取して、顕微鏡で観察するプログラムは、夏休み恒例の町内のイベントです。



暗くなり始めた頃に集合し、岩漁港へ移動してプランクトンをつかまえました。

夜の港に来るチャンスはなかなかないので、子どもたちもそれだけでわくわくしているようすでした。港の水面をライトで照らすと、魚やイカのこどもが泳いでいたり、強い刺胞毒をもったアンドンクラゲが漂っていたりと、プランクトン以外にも、港の生物たちにも出会えました。

プランクトンは、プランクトンネットを使って、1人ずつ自分たちでつかまえてもらいました。つかまえたプランクトンは、ペットボトルに入れてそっと運び、自分でつかまえた「マイプランクトン」を観察してもらいました。

プランクトンネットでプランクトンをつかまえる


つかまえたプランクトンをペットボトルに入れて持ち帰ります。



観察は、一人一台、顕微鏡を使って行います。小学1年生参加していましたが、使い方を説明してチャレンジしてもらうと、上手に使って楽しんで観察できているようでした。


昼間はやや深いところにいる動物プランクトンが、日没後は表層に上がってくるので、夜に港でプランクトンネットを引くと、たくさんの動物プランクトンをつかまえることができます。

カイアシ類やエビ、カニの幼生はぴょんぴょんはねるように動き、貝やゴカイの幼生はする~っと滑るように移動します。よく動くので、顕微鏡をのぞくだけでも面白いのですが、そのうちに興味が深まるようで、そのプランクトンがなんなのか「これなんですかーー!!」と質問が会場のあちらでもこちらでも聞こえるようになりました。

採取したプランクトンを投影して影で動きを見てみよう。


オヨギゴカイの一種


また、大発生すると赤潮を引き起こすヤコウチュウは、暗闇で刺激を受けると青く光る性質があり、つかまえてきたペットボトルを揺らして発光を観察するのは、夜のプランクトン観察会でのお楽しみの一つにもなっています。今年は、2日目と3日目できらきら光る様子を観察することができました。


最後は、海の生態系の中でのプランクトンの担う役割について学び、真鶴町の漁業とのつながりをお話ししました。


今年は、感染症対策として、1回の人数を減らして回数を3回に増やしての開催としましたが、それでも例年よりは少ない定員となってしまい、参加できなかった子もいたとのことでした。来年はこれまで通りに楽しんでもらえる状況に回復していることを願っています。


※今回のイベントは、真鶴町教育委員会の主催で「真鶴町立遠藤貝類博物館 海の学校」事業の一環として指導・実施しました。


2020年6月23日火曜日

海のミュージアム「磯の生物観察会」「海の自然実感教室」 2020年6月20日(土)

午前中は、梅雨の中休みの青空に恵まれ、三ツ石海岸で磯の生物観察会を実施することができました。外出自粛要請を受けて、スタッフもほとんど磯へ出ることがなかったので、久しぶりの三ツ石海岸での磯観察となりましたが、カニやヤドカリ、ナマコや貝のなかま、ハゼのなかまなども、例年のこの季節と変わらず、元気な姿を見せてくれました。中でもニセクロナマコが目立ち、ご参加のみなさんは、子どもも大人もその不思議な姿や数の多さに驚ろかれていました。
 毎年春に産卵シーズンを迎えて大人気のアメフラシは、どうやら産卵を終えてしまったようで、今回見られなくなってしました。海のミュージアムでご紹介できなかったのは残念ですが、また来年、三ツ石海岸で会えるのを楽しみにしたいと思います。




 その一方で、白くて可愛らしいシラユキウミウシが海のミュージアムに初登場しました。海にはたくさんの種類の生物が暮らしているので、磯の生物観察でも、見たことのない生物との出会いがあります。どんな新しい発見があるのかと毎回わくわくしながら楽しむことができます。



午後は真鶴町立遠藤貝類博物館のテラスで、海の自然実感教室を開催しました。
今回は、海藻おしばづくりを行いました。予め、スタッフが拾った海藻も用意しておきましたが、午前中の三ツ石海岸で拾った海藻も使用しました。

海藻は、真鶴でも年末ごろから生え始め、時期によって種類を変えながら海岸を覆ったり、岩礁や港の中でゆらゆら揺られるようになります。本格的な夏を迎えると、ほとんど姿を消してしまうので、海藻を自分で拾って観察できるのも今の時期までのお楽しみです。緑藻、褐藻、紅藻と色素の違いによってさまざまな色彩を見せる海藻をおしばにして、持ち帰っていだきました。おしばにして海藻をきれいに広げると、繊細なからだのつくりを詳しく観察することもできるようになります。色とりどりでさまざまな形の海藻は並べるだけでまさに自然のアートを楽しむことができます。

 後半は、プランクトンの観察を行いました。この時期の海は、冬に比べると緑色に見えていますが、海中の植物プランクトンの増殖が原因です。顕微鏡で観察すると、珪藻のなかまが多く見られました。また、ヤコウチュウも春から増えるプランクトンの代表種。第増殖すると赤潮と呼ばれ、海面を赤色に染めるのでご存知の方も多いようです。今回、赤潮は発生していませんでしたが、採集した飼料にはヤコウチュウも多く入っていました。


次回の海のミュージアムは、7月4日(土)に開催予定です。
新型コロナウィルス感染症予防として、スタッフの対応やイベントの進行方法・会場設営にも対策を講じつつ、みなさんに海の自然をお楽しみいただけるよう努めてまいります。
対策内容やイベントの詳細は、下記のページよりご確認いただけます。
ぜひ、ご覧ください。




※今回のイベントは、船の科学館「海の学びミュージアムサポート」の助成を受け、特定非営利活動法人ディスカバーブルーが真鶴町立遠藤貝類博物館との共催で実施しました。

2020年5月21日木曜日

相模湾初観測、「白潮」調査に同行しました。(2020年5月15日)

5月大型連休明けごろから、相模湾で「白潮」が観測されました!
海の近くにお住まいのみなさんの中には、お気付きの方も多いようですが、最近の海の色が、明るく白っぽいエメラルドグリーンになっています。
(写真1枚目は5月15日の白潮の様子、2枚目は比較として2018年9月撮影のもの)



原因は、円石藻という小さな小さな植物プランクトンの増殖です。海洋表面のプランクトンの動態は、衛星写真を使って解析することができ、今回、円石藻が相模湾で大増殖していることもJAXAの「しきさい」の画像からわかりました。
円石藻は炭酸カルシウムでできた構造をもち、多く集まると衛星からも白く見えることから「白潮」と呼ばれています。
円石藻は、ふだんも相模湾に見られますが、数は少なく、白潮が発生するのは大変めずらしいことです。真鶴町にある横浜国立大学臨海環境センターの下出教授によると、相模湾では初観測かもしれないとのことでした。
下出先生が急遽調査に出るとのことで、お手伝い&同行させていただきました。
プランクトンを採取する下出教授(真鶴沖、横浜国大調査船たちばなにて)

円石藻は、5〜10μmと大変小さいので、電子顕微鏡で観察しなければならず、臨海センターの顕微鏡では、はっきりとは見ることはできませんでしたが、たしかに白い粒子の表面に凹凸がいくつもあり、それ自体がくるくると回転している様子が確認できました。電子顕微鏡で観察すると、円石藻の繊細で美しい構造が見られます。今後、詳しく解析されるとのこと、結果が楽しみです。



2020年1月19日日曜日

真鶴自然子どもクラブ「港町をたんけんしよう!」 2020年1月19日(日)

2019年1月19日(日)は、真鶴自然子どもクラブ「港町をたんけんしよう!」を開催しました。

真鶴自然子どもクラブは、地域の子どもたちが地域の海や自然で遊んで楽しむ体験学習プログラムです。真鶴町の海や自然の魅力を体験するイベントを年に4回程度行なっていますが、今回はみんなで真鶴港周辺を探検しました。

真鶴港は、海に突き出た真鶴半島の地形を活かした天然の港で、古くからこの地区の中心として賑わっていました。現在のJRが開通する前は、真鶴町の玄関口は専ら港で、多くの人や物資が行き交い、真鶴の発展を支えてきました。
港周辺のエリアには、漁業や石材業などの今尚続く中心産業の過去や現在の様子はもちろんのこと、源頼朝や鯖大師などの歴史的、文化的な史跡も残り、自然と人々の関わりが続いてきた魅力がたくさん詰まっています。
今回は、真鶴港のなぞにせまろうということで、いくつかのポイントを「真鶴港のなぞ」ということでスタッフが準備し、その謎を解き明かすという方法で活動しました。参加した子どもたちは1年生から5年生と幅広く、低学年には少しハイレベルに思われる内容もありましたが、みんな一緒に楽しく参加してくれました。

はじめは、集合場所となった魚市場についての解説をし、漁業のお話をしました。
その後、最初のなぞは「真鶴港に生き物はいるのか!?」ということで、岸壁から生き物さがしをしました。
港の南側では、水中を覗くとすぐに小魚が泳いでいたり、たくさんのヒトデがくっついているのがわかりました。

早速、網ですくうと、ヤツデヒトデにイトマキヒトデの2種類が確認できました。

 次の謎は、源頼朝が石橋山の合戦で敗れたあとに、身を隠したといわれるしとどの窟でのチャレンジでした。ここには、窟の跡の他に、巨石が展示され、古くから盛んだった石材業の歴史を伝えています。江戸城や、お台場の砲台の建材として重宝された石材は、全国から採石されていますが、真鶴の石は質もよく、当時の大名によりたくさんの石が切り出されました。その大名が切り出した印をつけたものが「刻印石」です。子どもたちには、この刻印を探してもらいました。

ここには、窟の跡の他に、巨石が展示され、古くから盛んだった石材業の歴史を伝えています。江戸城や、お台場の砲台の建材として重宝された石材は、全国から採石されていますが、真鶴の石は質もよく、当時の大名によりたくさんの石が切り出されました。その大名が切り出した印をつけたものが「刻印石」です。子どもたちには、この刻印を探してもらいました。


その後は、港の北側までぐるっと歩きました。
船着場のスロープでは、水面を近くに見ることができましたが、海水が透き通ってきれいなことにみんな感動していました。なんと海底まではっきりと見えました。プランクトン量が少ない、冬の時期にだけ見られる特別な港の景色です。



海底まで見えると、そこにいる生物もよく見ることができます。
「ウニだ!」「ヒトデだ!」と生物探し第2弾が始まりました。

そのうちに、ブイに付いた貝やイソギンチャクも見つけられるようになり、港の生物調査は、すばらしい成果となりました。



最後の謎を解くために、日和山と鯖大師を訪ねました。
日和山は、昔の漁師さんが、その日、漁にでるかどうか判断するため、海況や天気を眺めた大変見晴らしのよい場所です。今では、水難事故者と魚介類の供養塔が建てられ、鯖大師も祀られています。残念ながら、鯖大師は修理のため見学することができませんでしたが、美しい真鶴半島の緑と青く広がる真鶴の海をみんなで見ることができました。

次回の真鶴自然子どもクラブは、2月の開催予定です。次は、真鶴半島先端にある照葉樹林の「お林」を探検します。


※今回のイベントは、真鶴町立遠藤貝類博物館主催、特定非営利活動法人ディスカバーブルー企画・実施し、船の科学館「海の学びミュージアムサポート」の協力により実施しました。

Powered by Blogger.

Blog Archive

ⓒ Copyright 2010 Discover Blue. ALL rights reserved.