ロゴ色彩調整済み

About Me

自分の写真
神奈川, Japan
いつまでもこの海と暮らしていくために。ディスカバーブルーは海や海の生物、生態系、環境を一人でも多くの人にお伝えしていくために、「人」と「海」とのかけ橋になろうとしています。

2018年10月22日月曜日

海のミュージアム「ひもの作り体験&プランクトン観察」(2018年10月22日)

2018年10月20日(土)は、海のミュージアム「ひもの作り体験&プランクトン観察」を行いました。

真鶴魚市場に集合し、真鶴港に水揚げされたお魚を使い、真鶴町漁協の朝倉さんにご指導いただき、ひものづくりを体験しました。
今回のお魚はカマスでした。カマスは今の時期が旬で、塩焼きやフライにしてもとても美味しいお魚です。

はじめに、朝倉さんからお手本を見せてもらい、そのあとみなさんでチャレンジしました。ひもののさばき方は、魚種によって異なりますが、カマスは背中側を開く「背開き」です。身を開いてから、内臓を取り出します。

鰓や心臓、胃や腸など、魚の体のしくみも観察することができました。胃内容物を調べて、生物がどんな餌をとっているのかを観察するのも生物の生態を研究する方法のひとつですが、今回のカマスの胃の中には、7~8cmのイワシと思われる小魚が入っていました。

ひもの作り、魚の開き方講習。みなさん、真剣!
真鶴町漁協朝倉さん、ご指導ありがとうございました。

みなさん、なかなかの腕前で、順調にカマスの背開きが出来上がっていました。
小学生のお子さんも、お母さんと一緒に包丁を手にして一生懸命チャレンジしていました。朝倉さんからも「今日はレベルが高いです!」と、お褒めのコメントをいただくほどでした。

開いたカマスは、血合いなどを綺麗にあらい、食塩水に浸してから干し網に並べました。網に並んだカマスは、もう立派な「ひもの」らしく見えました。ここからは、お天気も良かったので、天日干しで乾かしました。

開いた魚を網に干します。上手にできました。

おいしいひものが出来上がるのを楽しみに待ちながら、真鶴港でプランクトンを採集し、午後は顕微鏡で観察しました。
プランクトンをつかまえます。
プランクトンは、海の生物の生態系の起点となる生物です。地上では草木が光合成をして栄養をつくりますが、海では植物プランクトンがその役割を果たします。さらに、動物プランクトンがそれを食べ、シラスなどの小魚が動物プランクトンを食べます。先ほど、胃の内容物からカマスはイワシなどを食べていることがわかりましたが、イワシの餌となるのは小魚なので、カマスも食物連鎖でプランクトンとつながっているのです。


顕微鏡でのプランクトン観察。

植物プランクトン珪藻類や動物プランクトンが見られました。
中央に上から伸びているのは、刺胞動物。

プランクトンを観察している間に、ひものができあがりました。
真鶴町漁協のご協力で、きちんと包装までしていただき、まるでお店で売っているかのようなできあがりに、みなさんもうれしそうでした。

お持ち帰りいただいたひものは、味わっていただけたでしょうか。

真鶴のおいしいお魚を使って自分で作ったひものは、特別においしいのではないかと思います。また、魚とプランクトンのつながりも知っていただき、海の生態系やその恵みも実感していただけたのではないかと思います。

※今回のイベントは、船の科学館「海の学びミュージアムサポート」の協力により、真鶴町立遠藤貝類博物館主催、特定非営利活動法人ディスカバーブルーが企画・実施しました。

2018年10月9日火曜日

真鶴自然こどもクラブ「ミニ水族館をつくろう!」 2018年10月6日(土)

2018年10月6日(土)は「真鶴自然子どもクラブ『ミニ水族館をつくろう!』」を開催しました。

今回は、三ツ石海岸で生物を集めて水槽に展示し、みんなで力を合わせて水族館を作るプログラムです。参加してくれた子どもたちの家族や、三ツ石海岸に観光に遊びにきた方に水族館を見てもらって、子どもたちから生物を紹介してもらいました。


生物の探し方や安全に活動するためのお話をしてから、生物を探しにいきました。
今回はカニやナマコのほか、水族館ということで、魚を狙っている子も多かったです。

網を使って追いかけるのはもちろん、ペットボトルで作ったしかけに町内の釣具屋さんおすすめのイソメ(ゴカイ)を入れて仕掛けもしました。

見つけた生物をもって上がってきて、どんな生物がいるかみんなで観察しました。
台風が近づいていたこともあって、波がやや立っていたので魚をつかまえるのは難しかったようですが、クモハゼやアゴハゼなどのほか、スズメダイの仲間の幼魚などをゲットしている子もいました。スズメダイなど南方系の魚は、季節来遊魚といって、夏の終わりの水温が高い時期に、相模湾でも見つけることができます。この時期限定のお楽しみです。
お友達が見つけた生物も観察。たくさん見つかりました。

お昼を食べて元気満タンになった午後は、水槽づくりにチャレンジです。
ここからは班ごとのチームプレーが光ります。
「石入れる??」「持ってきたよ!」
「石は右?左?二つ入れる??」などと話し合いが聞こえてきました。
石のほかにも海藻や木の枝など、生物がよく見えるように考えたり、隠れる場所を作って住みやすいように工夫したり、水槽づくりは奥が深いのです。みんなで相談して頑張っていました。
水槽作り。みんな真剣に相談しています。 
オープンに向けて準備中。

そしてとうとう「ミニ水族館」がオープンしました。
ミニ水族館オープン!

参加してくれた子どもどうしで水槽を見回っておすすめ生物を紹介しあったり、オープン時刻に合わせて、お父さんお母さんや兄弟が見にきてくれたり、ミニ水族館の会場は盛り上がっていました。
また、三ツ石海岸に観光で来られたお客さんや散歩を楽しむ地域の方も立ち寄ってくださり、子どもたちに声をかけていただきました。緊張もしているようでしたが、がんばって解説して喜んでいただいたり、「すごいね」と褒めていただいたりすると嬉しそうにしていました。
他の班の水槽もすてき!

水槽にはタイトルやおすすめポイントを掲示してもらいました。

水槽のタイトルがどれもすてきでした。

真鶴自然子どもクラブは、昨年までは真鶴町内の子どもたちを対象にしていましたが、地域の海で遊んで学ぶということで、今年度からはお隣の湯河原町の子どもたちにも参加してもらいました。はじめの挨拶のときは、緊張している様子もありましたが、海での遊びを通して、同じ地域の海の子どもたちの交流の場にもなったようです。スタッフからのレクチャーには海はつながっていて、利用するためにも守っていくためも協力しあうことの大切さもお話しました。

次回は、横浜国立大学のご協力により実習船体験乗船を行う予定です。

※今回のイベントは、船の科学館「海の学びミュージアムサポート」の協力により、真鶴町立遠藤貝類博物館主催、ディスカバーブルー企画・実施で開催しました。
Powered by Blogger.

ⓒ Copyright 2010 Discover Blue. ALL rights reserved.