投稿

真鶴自然子どもクラブ「水ものがたりと川の生き物をしらべよう!」 2020年11月8日(日)

イメージ
2020年11月8日(日)は、真鶴自然子どもクラブ「「水ものがたりと川の生き物をしらべよう!」を行いました。 真鶴自然子どもクラブは、真鶴町と湯河原町の小・中学生を対象に、地元の豊かな自然の中で遊んで楽しみ、その自然の上に成り立つ人々のくらしや風土、歴史などを学ぶ体験プログラムです。 今回のテーマは「川、水」。 真鶴町は、町内に川がない町ですが、岩地区には大正時代まで滝が流れ、そこから流れる水は集落の人々が生活するために大切に使われていました。 現在では、滝の水は流れなくなりましたが、町内の水路には、水量は少ないものの湧き水が流れています。今も残るこの水路の水を通して、生物にとっての水の大切さや水源としての森の重要性、川と海のつながりを学びました。 集合場所は、岩ふれあい館(旧岩小学校)は、大正時代までは田んぼでした。今では想像できませんが、岩地区は水が豊かだったということがわかります。 岩ふれあい館のそばには、水が湧いているところがいくつかあります。それをたどって歩いてみました。 水路をたどってやって来たのは、瀧門寺です。ご住職から、お寺や岩地区と水の歴史についてお話しを聞きました。 お寺の名前に「瀧」が入っていることからもわかるように、瀧門寺は、境内に立派な滝があり、ここから流れる水が集落の人々の生活を支えていました。また、岩ふれあい館にあったという田んぼの水も、ここから引いていたそうです。 滝の水は、関東大震災の後に流量が減り、その後、滝の上の山の開発が進むと流れなくなってしまったそうです。 以前は、豊かな水が流れ落ちていた場所は、お寺の一番奥にあります。今回は特別に見学させていただきました。 滝の水は無くなりましたが、お寺の周りで今でも少しずつ水が湧き出していて、参道横の水路を流れています。この水路の生物をみんなで探して観察しました。 子どもたちはみんな、生き物をつかまえるのが大好きです!夢中になって探していました。 サワガニ、モクズガニ、カワニナ、シマヨシノボリなどのほか、ヤゴやトビケラの幼虫なども見つかりました。こんなに小さな水路でも、いろいろな生物が暮らしていることがわかりました。 その後、さらに水路をたどって歩き、海へ出ました。 岩海岸では、漂着物をあつめてビーチコーミングをしました。 砂浜をかけっこしたり、水切りで競ったり、波を追い

海のミュージアム「三ツ石海岸ビーチコーミング〜漂着物をあつめよう〜」 2020年11月1日(日)

イメージ
  2020年11月1日(日)は、海のミュージアム「三ツ石海岸ビーチコーミング」を開催しました。 はじめに、会場の真鶴町立遠藤貝類博物館にて、ビーチコーミングの説明をしました。 海から流れ着く「漂着物」には、海のものだけでなく、山や陸、市街地などからもさまざまなものがやってくること、また、黒潮に乗って、遠く南の海からやってくるものもあることなどをお話ししました。 そのあとは、みなさん一緒に三ツ石海岸へ移動して、漂着物を探していただきました。 波打ち際に近いところや遠いところ、石がごろごろしているところや、砂がたまっているところ、潮だまりの中など、気になったところをそれぞれ探してもらいました。 今回のいちばんの発見、バショウカジキの背びれの骨! 40分ほどの収集で、たくさんの漂着物が集まりました。 集合して、どんな漂着物が見つかったのか観察してみました。 漂着物は、「海のもの」「山・陸のもの」「人工物」の三つに大きく分けることができます。それらにグループ分けしてから、スタッフが解説しました。 「海のもの」は、貝殻やコウイカの骨(殻)やカニの抜け殻など、真鶴周辺に生息している生物由来のものがほとんどでした。 「山・陸のもの」は、流木、松ぼっくりやクルミなど、実りの秋らしく木の実がたくさん見つかっていました。 「人工物」は、ペットボトル、漁業で使うおもり、靴の底、ライターなどなど、私たち人間の生活や産業の様子を改めて見せてくれます。中でも、自然環境中で分解されないため近年問題となっているプラスチック類では、粉々に砕けたマイクロプラスチックもたくさん見つかっていました。 ビーチコーミングでは、海の自然のことについて知ることができますが、それ以外にも、木ノ実などから川の流れを通じてつながっている陸上の自然についても知ることができます。さらに、川は海で植物プランクトンや海藻が利用する栄養も運んできており、海が豊かなのは、山と川のおかげだということも実感することができます。しかし、漂着物の観察からは、川がプラスチックをはじめ、海にとって問題になるものも陸から運び込んでしまうこともわかります。陸上に暮らす私たちの生活が海に影響を与えているということも、日頃から忘れないようにしたいところです。 バショウカジキの背びれの骨、大きいですね! 集めた漂着物は、標本として持って帰っ

出前授業 湯河原町立湯河原小学校 4年生(2020年10月28日)

イメージ
湯河原町立湯河原小学校4年生に出前授業を行いました。 湯河原小学校の4年生では、総合の学習の時間に地域の自然を学んでいて、ディスカバーブルーは、地域の自然についての授業を数回にわたって継続的に実施しています。 湯河原町にも海はありますが、湯河原小学校のすぐそばには千歳川という川が流れていて、子どもたちにとっては川の自然が身近です。身近なところから学習しようということで、今回は川の生物観察を行いました。 活動に入る前に、川での生物の探し方や、野外活動にともなう危険についても説明しました。体験学習では、安全に楽しめることが最も重要です。 その後、川に入って、生物を探しました。 10月の川は、水温も低くなってきていますが、子どもたちは元気いっぱい楽しんでいました。 学校近くの川でも、実際に入ったり生物を探したりするのは、ほとんどの子どもが初体験でした。さまざまな生物が生息しているということはもちろん、川についても、流れる水が冷たくて早い、意外と深い、など発見も多いようでした。 ヨリノボリなどの魚類、ヒラテテナガエビ、カワニナ、トビケラなど川虫の幼虫がたくさん見つかりました。 サワガニ コオイムシ(神奈川県 絶滅危惧種ⅠB類) 解説をしながら、みんなで観察し、地域の自然の大切さをお話ししました。 ヒラテテナガエビなどの回遊する生物にとっては、川と海がせき止められることなく繋がっていないと生息することができません。 また、今回はタガメのなかまのコオイムシ(神奈川県 絶滅危惧ⅠB類)も見つかり、身近な自然が大変豊かで大切な環境であることが実感できました。 好きな生物をスケッチしました。 参加者:計59名(うち児童53名) ※出前授業「海の授業」は日本財団の協力を得て実施しています。

出前授業 小田原市立三の丸小学校 3年生 2020年10月6日

イメージ
総合の学習の時間で、海のプラスチックゴミやマイクロプラスチックに関して調べている小田原市立三の丸小学校3年生のご依頼で海の授業を開催しました。 先生との打ち合わせの時点で、すでにインターネットや書籍などから世界中のマイクロプラスチックの情報を集めているということでしたが、地元の海や海の生態系についてはまだきちんと分かっていないということでしたので、まずは、守るべき地元の海の自然を中心にお話しさせていただきました。 相模湾西部は目の前に深海があり、深海生物も多く見つかると共に、小田原より西側に広がる磯には様々な生物が生息していること、箱根や丹沢から流れ出る栄養をもとに植物プランクトンが多く、春から夏にかけて海が濁るのはプランクトンがたくさんいるからで、海は汚いどころかとても豊かなであることなどをお話ししました。   地域の海の自然や生態系をある程度説明した上で、このあたりの実際の海の中のゴミの様子や今後懸念されることなどを説明させてもらいました。 最後に少し長めに質問の時間をとってみなさんの疑問に思っていること、心配していることなどに答えさせていただきました。学習の進捗に応じ、必要があればぜひ伺って今後もサポートさせていただきたいと思います。 参加者:35名(うち児童34名) ※出前授業「海の授業」は日本財団の協力を得て実施しています。

出前授業 藤沢市立滝ノ沢小学校 4年生 2020年9月25日/10月5日

イメージ
藤沢市滝ノ沢小学校4年生に出前授業を行いました。滝ノ沢小学校では、10月2日に遠足で磯での生物観察を行う予定があり、その前後の9月25日と10月5日に出前授業を実施しました。 1回目の出前授業では、海の広さや深さ、海の生物たちや磯の生物の生活様式、危険生物などを紹介しました。 2回目の出前授業では今回見られなかった磯の生物や海の中の様子を紹介すると共に、プランクトンを紹介し、顕微鏡での観察もしてもらいました。さらに漂着ゴミやマイクロプラスチックなどの問題も紹介し、海の環境を考えてもらう機会としました。 参加者:9/25 計106名(うち児童102名)、8/27 計106名(うち児童102名) ※出前授業「海の授業」は日本財団の協力を得て実施しています 。

出前授業 湯河原町立湯河原小学校 4年生 2020年9月28日

イメージ
  ディスカバーブルーが普段活動させていただいている真鶴町のお隣、神奈川県のいちばん西の湯河原町の町立湯河原小学校の4年生に出前授業をさせていただきました。湯河原小学校は近隣に山と川と海があり、それらのつながりをテーマに今後何回か実施させていただく予定です。 初回の今回は、まずは海の全体のこと、近隣の海の自然と陸のつながりについてお話しさせていただきました。さらに、近くで取れたサメの歯の標本なども使って、まずは身近な自然に興味を持ってもらいました。 次回は、10月下旬に近くの千歳川で生物観察を行います。さらにその後は海岸でのビーチコーミングなどを予定しており、川と海の自然を実感してもらう予定です。 参加者:57名(うち児童53名) ※出前授業「海の授業」は日本財団の協力を得て実施しています。

出前授業 茅ヶ崎市立鶴が台中学校 1年生 2020年9月25日

イメージ
9月25日 茅ヶ崎市立鶴が台中学校1年生に「海の授業」(出前授業)を実施しました。 鶴が台中学校では毎年、1年生は海で生物観察などの活動を行っているのですが、今年はコロナの影響でその活動がなくなり、その代わりに出前授業に伺いました。 前半は世界の海の概要や日本の周辺の海の生物多様性、茅ヶ崎の海や相模湾の特徴や生物たち、そして、海の食物連鎖や海の生態系を支えるプランクトンなどについて解説しました。また、休憩中には交代で顕微鏡でプランクトンを観察してもらいました。 この日はかわいい放散虫も 後半は、プランクトンの増殖に必要な栄養は陸から川が運んでくること、そして、川は人の営みから出てくるゴミも海に運んでしまい、海洋ゴミの話や世界的に問題になっているマイクロプラスチックのことなどを解説しました。さらに、酸性化や磯焼けなど海の直面している問題やSDGsについても説明し、海と自分たちの生活を考えてもらうきっかけになってもらえたかと思います。 プランクトンと共に観察されたマイクロプラスチック 参加者:164名(うち生徒157名) ※出前授業「海の授業」は日本財団の協力を得て実施しています。