出前授業 湯河原町立吉浜小学校5年生・6年生 2020年8月26-27日

 顕微鏡を使って池などにいるプランクトンを観察した6年生、魚の卵などを勉強した5年生にせっかくだから海のプランクトンを見せてあげたいという先生のご依頼をいただき、湯河原町立吉浜小学校で出前授業「海の授業」を行い、プランクトン観察を実施しました。

ディスカバーブルー所有の顕微鏡に加え、真鶴町立遠藤貝類博物館にも顕微鏡をお借りし、1人1台の顕微鏡を用意しました。そして、8月26-27日の2日にわたり、5-6年生各2クラス、合計4クラスの皆さんに2時間ずつ時間をいただき、プランクトンが支える近隣の相模湾の生態系、陸の栄養がプランクトンを育む、川を介した陸と海のつながり、そして、いま人の暮らしから漏れ出したゴミなどが、川を伝って海の環境を脅かしていることなどをご紹介しました。



参加者:8/26 計73名(うち児童67名)、8/27 計80名(うち児童72名)
※出前授業「海の授業」は日本財団の協力を得て実施しています


このブログの人気の投稿

真鶴自然子どもクラブ「横浜国立大学の実習船たちばなに乗って、海の研究を体験しよう!」 2019年11月17日(日)

海のミュージアム「磯の生物観察会」「海の自然実感教室」 2020年6月20日(土)

海のミュージアム「ひもの作り体験&プランクトン観察」 2019年10月19日(土)