ロゴ色彩調整済み

About Me

自分の写真
神奈川, Japan
いつまでもこの海と暮らしていくために。ディスカバーブルーは海や海の生物、生態系、環境を一人でも多くの人にお伝えしていくために、「人」と「海」とのかけ橋になろうとしています。

2019年4月6日土曜日

海のミュージアム「磯の生物観察会」「海の自然実感教室」 2019年4月6日(土)

2019年4月6日(土)は海のミュージアム「磯の生物観察会」と「海の自然実感教室」を開催しました。

磯の生物観察会は、干潮時の磯で生物を探して楽しむプログラムですが、干潮時刻が季節によって変化するので、春から秋までの日中に干潮となる時期にのみ開催しています。
今回は、今シーズン最初の磯の生物観察会でした。3月23日にも開催予定でしたが悪天候により中止となったため、スタッフにとっても待ちに待った開催となりました!

集合場所の真鶴町立遠藤貝類博物館で、はじめに海の環境や生物の説明をさせていただきました。その後、持ち物や服装など準備万端となったところで、みなさんと一緒に三ツ石海岸へ移動しました。

磯に入る前にも、生き物の見つけ方や安全管理に関する注意事項をお伝えして、いざ出発です。

春のぽかぽか陽気の三ツ石海岸は、波も穏やかでコンディションは最高でした!!
手前は転石帯になっています。完全に干出するエリアですが、石の裏を見てみると、ナマコやカニがたくさん隠れています。

波打ち際に向かって近づくと、まだ水の残った場所が増えていきます。特に海水が池のように残っている「潮だまり」には、小さな魚が群で泳いだり、この季節に見られるアメフラシがゆっくり海藻の食事を楽しんでいるようすが見られます。

網をもって真剣!何をねらっているのかな?

アメフラシやカニ、ナマコなどは軍手をつけた手でつかまえることができます。
ヒトデをゲット!「思ったよりかたいよ!」


1時間半ほど、みなさんと一緒に生き物さがしを楽しみました。
見つけた生き物を、海岸に持って集まっていただくと、今シーズンもたくさんの生き物た

ちが勢揃いしていました。
ご参加グループごとに、観察を楽しんでもらいます。お隣のグループやご家族が見つけた生き物も紹介してもらったり、逆に「こんなのいたよ!ぼくがみつけたよ!」と紹介したり、盛り上がっていました。

シロウミウシ。たまにしか見つからないので、見つけたお子さんもとてもうれしそうでした。

その後、スタッフから、生物の名前や生態を解説しました。
今回はナマコが6種類、ウミウシも4種類と、初回から大賑わいでした。

みなさんで見つけた生物種数は合計で52種類でした。
生物を解説。ナマコは何を食べているでしょう?

午後は、室内プログラム「海の自然実感教室」です。
今回は、ご参加が小学生以上だったので、ちょっとレベルアップして、生き物標本をつかった解説と同時に、生き物の特徴ごとのグループわけを考えてもらうクイズ形式に挑戦してもらいました。

クイズの回答は、もちろん全問正解!答え合わせをしながら、生き物の特徴をご紹介しました。

後半は、プランクトンの観察です。プランクトンとは何かというお話をしてから、真鶴港で採集したプランクトンを観察していただきました。顕微鏡を一人一台用意して、みなさんにじっくりとお好きなだけ(といっても30分ほどですが)、観察を楽しんでいただきます。みなさん観察に熱中されていて、もくもくと取り組んでいました。まるで研究室ような雰囲気でした!
プランクトンも季節によって見られる種類が変化していきます。春は植物プランクトンが多くなる時期ですが、今回はフジツボの幼生(こども)を多く観察することができました。

最後に、まとめのレクチャーをして、その他の珍しいプランクトンや海の環境問題などについてもお話しました。


※今回のイベントは、真鶴町立遠藤貝類博物館と特定非営利活動法人ディスカバーブルーの主催で実施しました。


2019年3月1日金曜日

海を活かしたまちづくり研修会「地域資源としての真鶴半島」 2019年3月1日(金)

2019年3月1日(金)は、真鶴町役場職員の皆様を対象に、「海を活かしたまちづくり研修会~地域資源としての真鶴半島~」

真鶴半島は、相模湾に突き出た小さな岬で、神奈川県立自然公園に指定されています。15万年ほど前に、この地で噴出した溶岩によって形成された地形のおかげで、天然の漁礁として豊かな海の生態系を育まれ、半島の先端には植林されたクロマツ、クスノキと自然植生のスダジイが生育する照葉樹林があり、こちらも神奈川県の天然記念物に指定されています。また、自然海岸が残っていることから、森から海へと続く自然も観察することができます。

今回は、真鶴町役場のみなさんと一緒に真鶴半島を歩き、半島の自然を観察しながら魅力や課題を確認し、地域資源としての活用について考えました。特に、現在、町の事業として松くい虫対策などで半島の森林を担当している産業観光課の係長さんも講師としてお招きし、現状の課題と取り組みについてもお話いただきました。

スタートは、真鶴町立遠藤貝類博物館があるケープ真鶴1階の「お林ステーション」です。真鶴半島の照葉樹林は、地域の人々から「お林」と呼ばれ、親しまれています。

お林のクロマツは、江戸時代に植林されましたが、日光のよく当たる環境を好むため、他の樹木が生い茂る環境では、高く細く成長していきます。

クロマツの次にクスノキが植林されたのは明治時代とされています。クスノキの中でも、もっとも太い木を観察しました。大きな木のそびえる姿に感動されてる職員の方もいました。


クスノキには香りの強い樟脳の成分が含まれています。葉を拾って、体験していただきました。

産業観光課係長から、松くい虫の被害状況と対策についての解説をしていただきました。
日本全国に広がる松くい虫の被害は、早急な対応が求められる地域の課題のひとつです。ディスカバーブルーでは、真鶴町におけるお林の保全方針の協議についても参加しています。

本来は、お林から海岸までを歩き、海と森の連続する自然を体験する予定でしたが、悪天候のため、野外での活動はお林の観察のみで終了し、町立遠藤貝類博物館へ戻りました。
室内にて、真鶴の海や森からの連続性のお話をさせていただいたあと、お林の観察をふりかえって、その価値と課題、活用方法を話し合いました。
いつも身近なお林ですが、改めて歩き、スタッフの解説を聞きながらの体験を楽しむことができたとのことで、お林の魅力を改めて実感されていました。

本研修へのご参加ありがとうございました。海も森林も楽しめる真鶴半島の自然を地域資源として捉え、活用や保全を町全体で考えるきっかけとしていただければ幸いです。
※今回のイベントは、船の科学館「海の学びミュージアムサポート」の協力により、真鶴町立遠藤貝類博物館主催、ディスカバーブルー企画・実施で開催しました。

2019年2月17日日曜日

真鶴自然こどもクラブ「海辺のまちをたんけんしよう!」 2019年2月17日(日)

2019年2月17日(日)は、真鶴自然こどもクラブ「海辺のまちをたんけんしよう!」を開催しました。

真鶴自然こどもクラブは、地域のこどもたちを対象としたイベントで、学芸員やディスカバーブルースタッフと一緒に地域の自然の中で、体験や遊びを通してその魅力を学びます
これまでは、真鶴町内の小中学生を対象にしていましたが、今年度からはお隣の湯河原町の子どもたちも一緒に活動しています。

今回は、真鶴町岩地区を探検しました。岩地区は、鎌倉時代から石材業で発展し、町のあちこちらに残る史跡もこの土地の石材を利用しています。そこからは、当時の岩地区の石材業での賑わいとその石工たちの技術の高さをうかがい知ることができます。
また、地区にある岩漁港は小さな港ですが、こちらも古くから海運や漁業が盛んで、人々が営んできた港町の暮らしを感じることができます。

今回のスタートは、岩ふれあい館(旧岩小学校)です。
校庭で集合すると早速、巨大な四角の石を発見しました。
おそらくは江戸時代に切り出された石材だとのこと。みんなで触って観察しました。
巨石をみんなでさわっています。石があまり見えないですが・・


 その後、校庭のまわりをよく見てみると、水路があって水が流れていることに気づきました。その水はどこから流れているのかを探るために、みんなで流路をたどっていきました。
ついたところは、岩ふれあい館のすぐ上にある瀧門寺でした。
ご住職の川口さんにお話しを聞くことができ、みんな真剣に聞き入っていました。
なんとこのお寺の境内の裏には、大正時代までは瀧があって水が流れていたとのこと!
関東大震災や、お寺の裏を通る国道や鉄道の工事があってからは水は流れなくなり、瀧は埋められてしまいましたが、その近くまで行って観察しました。
川口住職から貴重なお話を伺いました。ありがとうございました。

瀧門寺の山門へつづく通路の脇にも水路があります。20~30年前はもっと水量が豊富だったとのことですが、今は少しの水がちょろちょろと流れているだけです。
観察してみると、生き物を発見!みんなも大喜びでした。

中でもテナガエビのなかまは、こどもが海で成長し、大きくなって川へ帰ってくる生活を送ります。少しの水量でしたが、海と川がつながり、豊かな自然が育まれていることがわかりました。
カワニナ。
テナガエビのなかま。

こどもも大人も夢中で生き物さがし!

如来寺跡には、溶岩が冷えてできた赤い地層を掘って作られた洞窟の中に、閻魔大王や阿弥陀如来などの立派な石仏が多数安置されています。
薄暗い洞窟の中に並ぶ石仏は、なかなか雰囲気があります。
「早く出よう・・・」と元気いっぱいだった子どもたちもさすがにびっくりしていました。
如来寺跡にて。スコリアの赤い壁。

最後は、岩海岸に出ました。まだまだ冷たい冬の海でしたが、子どもたちは波打ちぎわぎりぎりまで走ったり、岩大橋をながめたりと気持ちよさそうでした。
ここではビーチコーミングや砂浜あそびを楽しみました。
岩海岸。海って気持ちいい〜。

拾ったもの、見つけた生物を解説しました。

今年度の真鶴自然子どもクラブは今回が最終回でした。
来年度も、地域の子どもたちに地域の自然を通して、遊びと学びを楽しんでもらいたいと思います。1年間、ご参加ありがとうございました。

※今回のイベントは、船の科学館「海の学びミュージアムサポート」の協力により、真鶴町立遠藤貝類博物館主催、ディスカバーブルー企画・実施で開催しました。

2019年2月13日水曜日

真鶴半島の自然と観光・教育についての交流研修会 2019年2月13日(水)

2019年2月13日(水)は、真鶴半島の自然と観光・教育についての交流研修会を開催しました。真鶴町観光ボランティアガイドのみなさんと真鶴町立遠藤貝類博物館学芸員と一緒に真鶴半島の海やその他の自然について観察し、情報交換を行いながら、今後の観光や教育へのさらなる活用について考えました。

はじめに、ディスカバーブルースタッフから、真鶴の海の環境や自然についてご紹介するレクチャーを行いました。
その後、真鶴半島の海岸から照葉樹林の「お林」を歩いて観察しました。

お天気がよく、三ツ石海岸では、神奈川県沿岸を小田原から三浦半島まで眺めることができました。条件がよいと房総半島まで見られます。

海岸植物についても、観察しました。大きな道路が通らず、自然海岸が残る真鶴半島は、海岸植物の生育地としても貴重です。今回、真鶴半島の植物マップを作成し、それを利用しながら観察しました。
少しずつ春が近づく三ツ石海岸では、海岸植物も芽吹きはじめていました。

遊歩道沿いの露頭では、地層も話題になりました。
火山噴火により形成された真鶴半島は、溶岩質の地層と箱根火山の火山灰の堆積層を見ることができます。

真鶴半島の照葉樹林は、神奈川県立自然公園や県指定の天然記念物にも定められています。林内には、小鳥の観察小屋が設置されていて、ここで鳥類観察も楽しめるようになっています。

海、植物、地形や地層と鳥類などなど・・・その他、それを活かして発展してきた産業と歴史。真鶴には、観光や教育に活かせるコンテンツがたくさんあることがあらためてわかりました。
最後に、活用していく方法を考えたり、質疑応答などを行いました。長年ガイドをされているみなさんからの詳しい情報や、観光客の方のニーズなど、私たちとしても大変勉強させていただくことが多く、実りある交流研修会とすることができました。ボランティアガイドのみなさん、ありがとうございました。
今後もボランティアガイドさんと真鶴町立遠藤貝類博物館、ディスカバーブルースタッフで連携させていただき、地域の自然を活かした真鶴町らしい観光・教育に取り組んでいきたいと思います。




※今回のイベントは、船の科学館「海の学びミュージアムサポート」の協力により、真鶴町立遠藤貝類博物館主催、ディスカバーブルー企画・実施で開催しました。

2019年2月10日日曜日

海のミュージアム「真鶴半島ジオストーリー体験ツアー」 2019年2月10日(日)

2019年2月10日(日)は、海のミュージアム「真鶴半島ジオストーリー体験ツアー」を開催しました。

真鶴町は箱根ジオパークの1エリアに指定されています。箱根の支脈が噴火し、それがつらなってできた真鶴半島は、独特の地形とそこに生息する自然を活かした産業など、人々の生活があります。
特に、半島先端は「お林」と呼ばれる照葉樹林の森から海までつながった自然を見ることができます。溶岩により形成された岩礁海岸と突き出た地形や海流がもたらす海の豊かな恵みは、箱根ジオパークの中でも真鶴エリアに特徴的です。

今回のイベントでは、真鶴の自然と恵み、昔からの産業と人々のくらしを観察しながら、SDGsの考え方も紹介しました。参加者のみなさんと一緒に現時点での自然環境や私たちを生活をふりかえり、少しだけ未来についても考えてみました。

はじめに、箱根ジオパークの紹介や真鶴エリアのみどころ、SDGsについてのレクチャーを行いました。


その後、真鶴半島の先端の照葉樹林「お林」を歩いて、地形や生態系、昔からの産業の痕跡などを観察しました。
真鶴半島のお林は、神奈川県立自然公園や県の天然記念物の照葉樹林として指定されるほか、その価値が認められている森林です。
はじまりは江戸時代のクロマツの植林がされています。
その後、明治時代にはクスノキの植林が行われたことから、お林の中はクロマツ、クスノキと自然植生で生育してきたスダジイが主に生育しています。
お林のクロマツは、細く長く、直立しています。これは他の木々が生い茂るお林の中で、日光を求めて高く高く成長した結果で、お林ではほとんどの松がスレンダーです。

樟脳の原料となるクスノキの葉の匂いを試したり、お林の中でもっとも太い木であるクスノキの太さを図りました。


その後、半島最高峰、96m地点が江戸時代に灯台の役割を担っていた場所では、当時多くの船が真鶴港に出入りしていたことを知ることができました。石材業や漁業が盛んで町が賑わっていたことをうかがい知ることができます。


そこから、海までの窪地地形を歩き、地形の形成された要因を考えながら植生の変化を観察しました。

石材業が発展した真鶴は、番場浦海岸でも石材の切り出しや船の積荷が行われていました。海岸の各所に見られる痕跡をみなさんで探してみました。

三ツ石海岸では、足元の砂から自然や生態系の豊かさを知ることができます。安山岩の砂つぶをベースにその他はほとんどが貝やフジツボ、ウニなどの殻の欠片でできています。海が豊かで、生物が多く生息している証拠だということがわかります。
火山が作り出した地形にたくさんの生物がくらし、人々が利用して豊かな暮らしが発展してきました。

最後は、室内にもどってふりかえりを行いました。参加者のみなさんには、みなさん自身の「真鶴半島のみどころ」をカードに作成してもらいました。これらは、ケープ真鶴一階の「お林ステーション」にて今後掲示する予定です。


※今回のイベントは、船の科学館「海の学びミュージアムサポート」、箱根ジオパーク推進協議会の協力により、真鶴町立遠藤貝類博物館主催、ディスカバーブルー企画・実施で開催しました。

2019年2月9日土曜日

真鶴の海の生物観察コーナー開催 2019年2月9日(土)

2019年2月9日(土)は、真鶴町立遠藤貝類博物館前にて「真鶴の海の生物観察コーナー」を開催しました。
真鶴の海岸や港で採集してきた生物を展示して、ご来場のみなさまに見ていただき、ヒトデやカニなどには触れて観察することができるコーナーです。




当日は、春が近づくことを感じさせる種類も多く、ミヤコウミウシやアメフラシなどの軟体動物も多く展示させていただきました。アメフラシのやわらかい触感に、訪れたみなさんは驚かれていました。
そのほかには、真鶴港で採集したプランクトンを顕微鏡で観察したり、貝殻やイソバナ、ウニ殻など生物標本も展示して、スタッフから真鶴の海の生物のおもしろさをご紹介しました。
ミヤコウミウシ 青い斑点が鮮やか。

 真鶴町立遠藤貝類博物館では、2月8日から「写真展 知られざる真鶴の海2」が始まりました。この写真展は、すべて、真鶴の海中で撮影された写真のみを展示して、真鶴の海の魅力を知っていただける展示です。展示されている写真はなんと100枚以上!ずらりと並ぶ海中写真を見ていると、水族館にいるような気分にもなってしまいます。
また、写真はすべて、スキューバダイビングを楽しむダイバーさんから無償で提供いただいています。ディスカバーブルーからも、写真応募にあたりたくさんのダイバーのみなさまにご協力をお願いし、真鶴の海の魅力発信のためにご協力いただきました。本当にありがとうございました。




今回の生物観察コーナーは、博物館写真展のオープニングイベントとしてもお楽しみいただきました。荒れたお天気の週末でしたが、多くのみなさまにご来場いただくことができました。
真鶴町立遠藤貝類博物館「写真展 知られざる真鶴の海2」は、5/8(水)まで開催しています。
https://www.endo-shellmuseum.jp



※今回のイベントは、船の科学館「海の学びミュージアムサポート」の協力により、真鶴町立遠藤貝類博物館主催、ディスカバーブルー企画・実施で開催しました。

2019年1月23日水曜日

真鶴自然こどもクラブ「お林をたんけんしよう!」 2019年1月19日(土)

2019年1月19日(土)は、真鶴自然こどもクラブ「お林をたんけんしよう!」を開催しました。

真鶴自然こどもクラブは、地域のこどもたちを対象としたイベントで、学芸員やディスカバーブルースタッフと一緒に地域の自然の中で、体験や遊びを通してその魅力を学びます
これまでは、真鶴町内の小中学生を対象にしていましたが、今年度からはお隣の湯河原町の子どもたちも一緒に活動しています。

今回は、真鶴半島の先端に位置する「お林」で森の様子を観察し、その後、海岸まで歩いて森から海へのつながりも体験しました。
「お林」は、神奈川県立自然公園や県の天然記念物に指定されるなど、みどころいっぱいの森です。植物や虫などの生物についてはもちろん、歴史などの人々の暮らしにも深く関わっています。今回のイベントでも遊びも学びももりだくさんで、子どもたちも楽しく参加してくれました。


 博物館を出発して最初に訪れたのは「山の神」と呼ばれる神社です。


漁師さんたちが大漁祈願・海上安全を祈って大切にしている神様です。
こんな森の中で、漁の成功をお願いする理由をみんなで考えてみました。海が豊であるためには森を大切にしなくてはならないということを漁師さんたちは昔から知っていたということでしょう。


お林の遊歩道に入っていくと、大きな木をたくさん見つけることができました。


お林を代表するクロマツ、クスノキ、スダジイを見上げてさわったり、葉や実をひろってみたりしました。

お林で一番太いクスノキは、みんなで協力して太さを測ってみました。周囲長は7.5m、子どもたちが10人みんなで手を繋いでやっと囲むことができました。


森の中では、普段とはちがう音も聞こえるかもしれません。


みんなで耳をすましてじっとしてみました。


鳥の声、木の葉が風でこすれる音、車が走る音。海の波の音も聞こえるのは、海がすぐそばにあるお林だからこその楽しみです。


後半になると、お林の遊歩道は下り坂が続き、最後は番場浦海岸へでました。
ここまでは大きな木の緑の中を歩いて来ましたが、海岸へ出ると目の前には青い空と海が広がります。


ここでも、音を聞いたり風を感じたりしました。


石やビーチグラスを拾ったり、海藻やカニをつかまえたり、子どもたちはそれぞれたくさんの発見をしていました。




ゴールとなる博物館に戻って、探検の振り返りをしました。


心に残ったことを絵や文や押し葉など、好きな方法でまとめてもらいました。


自分で体験したり、発見したりすることはとても楽しく、興味をもつことができると思います。おうちに持って帰って、おうちの人やお友達などに今日の冒険のお話を聞いてもらいましょう。






次回の子どもクラブは、「海辺のまちをたんけんしよう!」です。真鶴町の岩地区で海辺の町の暮らしや歴史を見にいきます。



※今回のイベントは、船の科学館「海の学びミュージアムサポート」の協力により、真鶴町立遠藤貝類博物館主催、ディスカバーブルー企画・実施で開催しました。
Powered by Blogger.

ⓒ Copyright 2010 Discover Blue. ALL rights reserved.