ロゴ色彩調整済み

About Me

自分の写真
神奈川, Japan
いつまでもこの海と暮らしていくために。ディスカバーブルーは海や海の生物、生態系、環境を一人でも多くの人にお伝えしていくために、「人」と「海」とのかけ橋になろうとしています。

2018年7月14日土曜日

海のミュージアム「磯の生物観察会」 2018年7月14日(日)

2018年7月14日(日)は「海のミュージアム」を開催しました。

梅雨も明け、三連休初日の当日は海も空も青く、たいへんたいへん暑い夏日となりました。日陰の少ない磯での活動は熱中症が心配です。開催にあたっては、なるべく日陰のある海岸を選んで行うようにしています。また、足もとは潮だまりに入っていただくとひんやりと気持ち良く楽しむことができました。この時期の磯あそびの際は、ぜひマリンシューズなどの濡れても良い靴をご用意いただくのがオススメです。
おさかなゲット〜!やったね〜。

あつ〜い、あつ〜い三ツ石海岸。夏です。

ヒトデ見つけた!きれいなかたちですね。

波に足をつけて楽しむご家族の姿も。海遊びの楽しみのひとつですね。

そんなあっつーい日差しもなんのその!今回は海のミュージアムのリピーターのお客様も多く、非常に多くの生物が見つかりました。
観察前のレクチャーでご紹介しているスベスベマンジュウガニもご参加のご家族が見つけていましたよ!
見つけた生物は、参加グループごとに観察してもらいます。

たくさん見つかりました〜。

最後に、みなさんが見つけた生物を全体で解説します。
他の参加者の方が見つけた生物も観察できるのでいろいろな種類を見ることができます。
その他、潮だまりにはスズメダイの仲間の幼魚が増えてきました。特にカゴカキダイの幼魚は群れでまとまって泳ぐ姿がかわいらしいので、人気を集めていました。



※今回のイベントは、真鶴町立遠藤貝類博物館と特定非営利活動法人ディスカバーブルーの主催で実施しました。

2018年7月2日月曜日

海のミュージアム「磯の生物観察会・海の自然実感教室」 2018年6月30日(土)

2018年6月30日(土)は「海のミュージアム」を開催しました。

午前中の磯の生物観察会は、例年より早い梅雨明けで夏本番を迎えた三ツ石海岸で開催しました。
真鶴町立遠藤貝類博物館に集合後、磯の環境や事前の注意事項などをご説明してから、三ツ石海岸に移動して、生物を探します。
当日も、大変暑い中での開催でしたが、海水はまだ20度ほどと低めです。観察会中はマリンシューズなどの濡れても良い靴で潮だまりに入れば、ちょっとひんやり気持ち良く観察できます。
青い海と青い空の夏の三ツ石海岸。

 毎回ご家族でのご参加が多いのですが、お子さんはもちろん、お父さんやお母さんにもお楽しみいただいています。
スタッフが回って一緒に探したりつかまえたりしているのですが、声をかけたときにはすでに、お子さんが手にしているバケツは大きなヒトデやカニなどでにぎやかになっていることも!
「すごいねー!見つけられたの~?」と尋ねると、「パパがとってくれた!」「ママがつかまえたよ!」とうれしそうに教えてくれます。


 生物探しの時間は、1時間ちょっとですが、その間にたくさんの生物が見つかりました。
今回はなんと68種類です。いつもの観察会より10種類くらい多く出ていました。


見つかった生物については、生態などについて簡単にお話しています。今回は、詳しいお子さんも多くて、スタッフもびっくりでした。これからもどんどん興味を深めていってほしいなと思います。

少し珍しかったのは、ベニツケガニが脱皮中だったことです。良く見ると、甲羅の下部が開いて、体が中から覗いています。これから殻を脱いで成長することです。
脱皮中のベニツケガニ。

スカシユリが見頃。海岸植物が楽しめるのも三ツ石海岸の魅力です。

午後は、室内でのプログラム「海の自然実感教室」です。
ここでは、海の生物の実物標本を見たり触れたりしながら、生物のお話をさせていただいたり、顕微鏡でプランクトンやその他の生物の体などを観察してもらっています。



プランクトン観察では、真鶴港で採集したプランクトンを一人一台顕微鏡を使って自由に観察していただいています。
青くて透明に見えた当日の海でしたが、顕微鏡で見てみるとプランクトンがたくさんいました。観察できるプランクトンの種類にも季節変化があります。今回は動物プランクトンのカイアシ類やその幼生(こども)、植物プランクトンは渦鞭毛藻類など夏の種類が増えてきて、プランクトンの種類からも「夏らしさ」を感じられるようになってきました。



海のミュージアムは次回、7/14(土)、7/16(月・海の日)と続きます。ぜひ、遊びにいらしてください。


※今回のイベントは、真鶴町立遠藤貝類博物館と特定非営利活動法人ディスカバーブルーの主催で実施しました。

2018年6月5日火曜日

海のミュージアム「磯の生物観察会」 2018年6月3日(日)

2018年6月3日(日)は三ツ石海岸で「磯の生物観察会」を開催しました。
磯の生物観察会は、干潮時刻に合わせての開催となっています。
今回は、午後に最干潮となるのでお昼過ぎからのスタートとなりました。

磯の生物観察会は、会場の真鶴町立遠藤貝類博物館に集合して、観察についてのレクチャーをしてから、三ツ石海岸へ移動します。
当日は梅雨入り前の青空に恵まれました。最近は気温も上がってきて、そろそろ、ウォーターシューズなどで潮だまりに入るのにも気持ちの良い時期になりました。

フィールドでも、活動中に気をつけていただくことや危険な生物についてお話し、その後磯で生き物を探します。


岩のすきまや石の下には、ヒトデなどもくっついています。腕が8本あるのはヤツデヒトデ。今回は大きなサイズの個体が見つかっていました。

トゲトゲの棘が特徴的なのは、ムラサキウニです。一見、トゲトゲで痛そうに見えますが、軍手でやさしく触れば心配なしです。最初は少しびっくりしてしまいますが、チャレンジしてつかまえることができるとうれしいですね。

見つけた生物は、一度、持ってあがって観察します。
一時間ちょっとで、たくさんの生物が見つかりました。

他の参加者のみなさんが見つけた生物も、それぞれ一緒に観察させてもらいます。
今回は鮮やかなブルーと黄色がきれいなアオウミウシも見つかりました。このウミウシは、大人から子供まで、いつも大人気です。

ちょっと上級者向けの珍しい生物では、カイカムリのなかまが出ていました。
カニの一種ですが、甲羅にカイメンをつけているので、外敵に見つかることなく身を守ることができます。もちろん、私たち人間にとっても見つけるのが難しい種類です。

全体の生物は、最後にスタッフから解説をしました。
生物の名前のほか、どんな体のつくりをしていて、どんな生活をしているのかなど特徴もわかりやすくお伝えしています。知れば知るほど、生物とそれらが暮らす自然を好きになったり大切に感じていただけるのではと考えています。

日によって、季節によって、見つかる生物は少しずつ違います。先月までたくさんいたアメフラシはだいぶ数が減ってきました。これからは、生物も夏に多いメンバーが見つかるようになると思います。


次回は6/16(土)の開催予定です。ぜひ、遊びにいらしてください。


※今回のイベントは、真鶴町立遠藤貝類博物館と特定非営利活動法人ディスカバーブルーの主催で実施しました。

2018年5月22日火曜日

海のミュージアム「磯の生物観察会」 2018年5月20日(日)

2018年5月20日(日)は三ツ石海岸で「磯の生物観察会」を開催しました。
当日は、干潮時刻が午後だったので観察会もそれに合わせてお昼過ぎからのスタートでした。

この日も、お天気は気持ちのよい青空に恵まれました。しかし前日からの強風がなかなか収まらなかったので、風に吹かれながらの磯遊びはなかなか大変でした。また、水面にさざ波が立って、潮だまりなどの中も見えにくいため、生き物を探すのもふだんより少し難しくなってしまいます。


それでも、みなさんどんどん生き物を見つけて楽しんでいらっしゃいました!
小学生のお子さんは、先日学校の遠足で千葉の海で生き物を見てきたそうで、いろいろと生き物について教えてくれました。千葉と真鶴の海では、見つかる生き物が違うということも教えてくれました。


小学校に上がる前のお子さんは、お魚に夢中!潮だまりの中の小さなメジナの幼魚やハゼでも、動きの早い魚をつかまえるのは大人でも難しいところですが、網ですくってうれしそうでした。
ナマコも最初はびっくりしていたけど、チャレンジしてさわってみると、かわいらしく感じてくれたようです。


今回も、この時期の人気者、アメフラシはたくさん見つかりました。海藻の生い茂る潮だまりの中でゆっくり海藻を食べている様子は、まるで牧場で草を食む牛のようでした。癒されます。
右下にアメフラシがいます!探してみてください。
スタッフもたくさん生物を見つけて、みなさんにご紹介しました。
採集のあとは、一度集合して、みなさんの見つけた生物を全体で観察しました。
 また、海藻の中には意外とかくれんぼしている生き物も潜んでいたりします。そのひとつ、イソクズガニは、海藻の森をじっと観察していると見つけることができる種類です。
 リクエストの多いウミウシですが、今回はなんと6種類、ミスガイを入れると7種類も出ていました。色鮮やかなウミウシのなかまはどの観察会でも人気者です。
今回は合わせて46種類の生き物が見つかりました。
次回はどんな種類に出会えるか、楽しみです。

次回は6/3(日)の開催予定です。干潮時刻の関係上、12:30から磯の生物観察会のみの開催となります。ぜひ、遊びにいらしてください。


※今回のイベントは、真鶴町立遠藤貝類博物館と特定非営利活動法人ディスカバーブルーの主催で実施しました。



2018年5月4日金曜日

海のミュージアム「磯の生物観察会」 2018年5月4日(金・祝

2018年5月4日(金・祝)は三ツ石海岸で「磯の生物観察会」を開催しました。

前日が、強風・高波で中止になっていたのですが、今日は気持ちのよい青空が広がり、無事開催することができました。まだ、風が強かったのですが、観察ポイントがいくつかあり、状況によって変更できるのも三ツ石海岸で磯観察を楽しめる理由のひとつです。
今回は、連休ということもあり、多くのみなさまにご参加いただくことができました。

海での遊びは本当に楽しいものですが、自然の中での活動には注意しないと危険なこともあります。海のミュージアムでは、正しく知って楽しく遊んでいただけるように、活動の前にはしっかりと、生物の見つけ方や安全についての説明、生物や環境にやさしい活動の方法をレクチャーさせていただいています。

磯では、スタッフも一緒にみなさんと生物をさがしていきます。
石の下、岩の隙間、潮だまりの中・・・。
生物の種類によって好きな場所があるので、それぞれの場所でちがう生物が見つかります。はじめは、スタッフと一緒にさがしてもらっていますが、そのうちにみなさんコツをつかんで、次愚痴と見つかるようになりました。

みなさんの見つけた生物は、各自バケツなどの容器に集めてもらうのですが、あっという間にその中は生物で賑やかになりました。


見つけた生物は、海岸に持ってきてもらって、みなさんで集まって観察します。
じっくり見ると、カニでも種類によって動くスピードがちがうことがわかったり、触ってみると、ナマコも種類によって柔らかかったり硬かったりと、いろいろなことがわかります。


この時期のオススメはアメフラシです。産卵シーズンで磯にたくさんいますが、動きもとてもゆっくりなので、誰でも見つけることができます。おとなしいので、やさしくなでなですることもできて、ちいさなお子さまにも大人気でした。

その他には、ミスガイが出ていたのが注目です。磯では春に見られますが、チャンスそれほど多くはなく、少し珍しい種類です。縞模様の貝殻と、ピンク色の外套膜がなんともエレガントでした。

次回は5/20(日)開催予定です。
季節ごとで見られる種類も少しずつ変わっていきます。
アメフラシに会える期間もあと少しかもしれません!ぜひ遊びに来てください。

※今回のイベントは、真鶴町立遠藤貝類博物館と特定非営利活動法人ディスカバーブルーの主催で実施しました。



2018年5月3日木曜日

海のミュージアム「海の自然実感教室」 2018年5月3日(木・祝)

2018年5月3日(木・祝)は、海のミュージアム「磯の生物観察会」「海の自然実感教室」を予定していましたが、強風と高波のため「磯の生物観察会」は中止とさせていただき、室内プログラム「海の自然実感教室」のみ開催しました。

参加者のみなさんは、「磯の生物観察会」にもお申込みいただいていた方々でしたので、磯で生物を見つけることはできなかったのですが、その分、生物の実物標本を実際に見て、触って観察していただきました。同時に、スタッフからも生物の特徴やおもしろい生態などを詳しくお話させていただき、質問などもたくさんいただきながら、楽しいプログラムとなりました。



後半では、海のプランクトンを顕微鏡で観察してもらいました。青くきれいに見える海ですが、その中には目では見えないほど小さいけれど、とても多くの生物が暮らしています。プランクトンは水中に漂って浮遊生活をしている生物のことです。真鶴の海ににもたくさんいて、光合成をする植物プランクトンや、小魚の餌になる動物プランクトンは、海の生態系においてもとても重要な役割を果たしています。
顕微鏡で見ると、小さいながらもひとつひとつ精巧な形をしていて自然の造形のすばらしさも感じることもできます。

今回は、ヤコウチュウが多くでていました。ヤコウチュウは「夜光虫」と書いて暗い中で発光する性質があります。プログラムではその様子も観察してもらいました。青白く光る様子は幻想的で、みなさんにもお楽しみいただけたようでした。


海のミュージアムでは、磯の生物観察会のほか、海の自然実感教室の室内プログラムのみのご参加も歓迎です。
ぜひ、遊びにいらしてください。


※今回のイベントは、真鶴町立遠藤貝類博物館と特定非営利活動法人ディスカバーブルーの主催で実施しました。

2018年4月30日月曜日

海のミュージアム「磯の生物観察会」「海の自然実感教室」 2018年4月29日(日)

2018年4月29日(日)は、海のミュージアムを行いました。

4月に入って2回も中止が続き、お申込みいただいたみなさまにはご迷惑をおかけしておりましたが、当日はやっとお天気に恵まれ、久しぶりに無事開催するこができ、スタッフもほっとしました。


 連休ということもあり、真鶴町内外から多くのみなさんにご参加いただくことができました。
「磯の生物観察会」では、最初に生物の見つけ方と一緒に危険な生物などの磯遊びの注意事項をレクチャーしています。その後、みなさんで三ツ石海岸に出て、生物をさがしていただきました。
岩の隙間、転石の下、潮だまりの中など、レクチャーでおおよそのポイントをお伝えし、みなさんに好きなところを探していただきました。スタッフも一緒にまわってお手伝いします。



春先からシーズンを迎えていたアメフラシは、そろそろ産卵を終え、数も減ってきたようでした。例年に比べると少し早い気がします。

今回は、磯の人気者、アオウミウシも登場しました。まだサイズの小さい個体でしたが、この人気ぶりはもう「磯のスター」と言ってもよいでしょう。


見つかった生物はディスカバーブルーや、遠藤貝類博物館学芸員など、海の生物を専門的に学んだスタッフから、特徴や生態のお話をさせていただきました。質問もどんどん受け付けますよ!

午後の「海の自然実感教室」は、室内で行うプログラムです。
磯の生物観察会はフィールドで、自分たちで見つけた生物を観察しますが、このプログラムでは、顕微鏡を使って生物を観察したり、標本を見たりと、じっくりと観察できるのがおすすめのポイントです。
標本は、主に真鶴の海の生物のものですが、サメや、水深の深いところに生息するカイメンの仲間など磯ではお目にかかれない生物を観察します。実際にさわって、くわしく見てみると、たくさんの発見があります。

また、真鶴の海のプランクトンを顕微鏡で観察しました。海岸から見ると、青く透明な海でも、肉眼では見えないたくさんの小さなプランクトンが暮らしていてとても豊かです。種類もたくさんいて、小さいながらにどれも複雑なデザインをしているのを見ると、自然のすばらしさを感じることができます。

連休中は5/3(木)、5/4(金)に開催予定です。干潮時刻に合わせて、午後に磯の生物観察のみの開催です。ぜひ、遊びにいらしてください。

※今回のイベントは、真鶴町立遠藤貝類博物館と特定非営利活動法人ディスカバーブルーの主催で実施しました。


Powered by Blogger.

Blog Archive

ⓒ Copyright 2010 Discover Blue. ALL rights reserved.