出前授業 茅ヶ崎市立茅ヶ崎小 3年生(2020年12月21日)

2020年12月21日(月)に、茅ヶ崎市立茅ヶ崎小学校3年生に出前授業を行いました。

茅ヶ崎小の3年生には、11月に学校へ伺って室内でのレクチャーを行いましたが、その後、担任の先生から「茅ヶ崎の海の楽しさを実際に子どもたちに体験させたい」とのことでご依頼いただき、今回、海岸でビーチコーミングを行うことになりました。




はじめに、茅ヶ崎の砂浜の地形や環境、利用についてお話ししました。

その後、ビーチコーミングの楽しみ方と注意事項について説明し、海辺に打ち上がった漂着物を探してもらいました。


当日は、お天気に恵まれ、冬晴れのもと実施することができました。大変な冷え込みが予想されましたが、子どもたちは元気いっぱい海辺を駆け巡って、気になる漂着物をみつけては、「これ何ですか~!?」と、代わる代わるスタッフのところに聞きにきてくれていました。


また、地元の海に友達みんなで出かけ、きらきら輝く海面や波が打ち寄せる様子を見たり、見たこともない漂着物を見つけたりして、子どもたちはとても楽しそうでした。その様子から、子どもたちにとっては、海にでかけてみるというだけもよい体験になるということを、スタッフも改めて実感することができました。


漂着物を集めた後は、クラスごとに集合し、スタッフが解説しました。

授業は全4クラスを2つに分け、前半2クラス、後半2クラスずつ少し場所を変えて実施しましたが、それぞれ見つかる漂着物が少しずつ違いました。



前半のクラスでは、貝のなかまが比較的多く、サクラガイも見つかっていました。後半のクラスでは、小型の甲殻類アミのなかまが波打際にたくさん打ち上がっていて、子どもたちの興味を集めていました。
微小貝や小石とともにエビに似た透明なアミ類が打ち上がっている。

解説中も子どもたちからたくさんの質問が出て、時間が足りないほどでしたが、みんなが海にも、漂着物にも興味を持ってくれていることがわかりました。

海での実際の体験活動を通してしか得られない学習の効果が、子どもたちの中に残ったのではないかと思います。



ディスカバーブルーでは、「海の授業」として、学校や幼稚園・保育園等団体向けの出前授業を行なっています。お申込み受付中です。

http://www.discoverblue.org/uminojugyou.html



参加者:計144名(うち児童136名)

※出前授業「海の授業」は日本財団の協力を得て実施しています。


 

このブログの人気の投稿

海のミュージアム「磯の生物観察会」「海の自然実感教室」 2020年6月20日(土)

海のミュージアム「三ツ石海岸ビーチコーミング〜漂着物をあつめよう〜」 2020年11月1日(日)

真鶴自然子どもクラブ「横浜国立大学の実習船たちばなに乗って、海の研究を体験しよう!」 2019年11月17日(日)